株初心者が失敗しない始め方は?|基本の知識と流れがわかる投資入門

株を始めてみたいけど何も知識がないし、失敗したら怖い…。
でもお金は増やしたいし、安全な方法があればやってみたい!

株投資はお金を増やすために有効な手段ですが、何の知識も持たず流れもわからないままいきなり始めてもうまくはいきません。

これから株を始めたい初心者の方は、最低限の知識と基本的な運用の流れを身につけて、安心かつ効率よく資産運用をスタートしましょう。

  • 株初心者におすすめの投資法は「配当益」と「株主優待」狙い
  • 株初心者がリスクをおさえるには「少額」「分散」「長期運用」「損切り」がポイント
  • 今すぐ買うなら「成行注文」、お得に買うなら「指値注文

投資法がわかったところで、次は口座の開設が必要です。
それぞれの投資法にあった証券会社で口座を開設してみましょう。

 

楽天証券の詳細を見る

カブドットコム証券の詳細を見る

目次

株初心者がまず知っておきたい株の利益のしくみ

株の初心者の方が株で儲けるといっても、まずはそもそも株の何が利益を生み出してくれるのかを知らなければ始まりません。

株で得られる利益には以下の3つがあります。

  • 売買益(キャピタルゲイン):株の売買で得る利益のこと
  • 配当益(インカムゲイン):株を持っている人に企業が分配するお金のこと
  • 株主優待:株を持っている人に企業が贈るお礼品のこと

この記事中での売買益(キャピタルゲイン)とは、現物株取引で買った株の価格(株価)より上がったところで売って得る値上がり益のことです。

配当益(インカムゲイン)は、業績が良ければ多く出ますし、悪ければ出ないこともあります。

株主優待には、その企業の商品や割引券、ギフト券などいろいろな種類があります。

株初心者に向いている投資は「配当益」と「株主優待」

これから株を始めようとしている初心者の方は、株の利益といえば「売買益」だけだと思っていたかもしれません。
売買益は、買い時と売り時を見きわめられれば大きく儲けられてとても魅力的です。

しかし株価を見きわめることは経験者でも難しく、初心者の方には至難のワザです。

ですから、これから株を始める方には、比較的リスクの少ない「配当益」と「株主優待」を狙うことをおすすめします。
とはいえ、それぞれの投資にはメリットもデメリットもありますから、1つずつ詳しく説明していきます。

配当益狙いのメリット・デメリット

配当金は、企業が自社の株を持っている人に、持っている株数に応じて払うお金のことです。

配当金の金額が買った価格のどのくらいの割合かを表したのが「利回り」です。

配当利回り(%)=1株当たりの配当÷現在の株価×100

一般的に多い利回りは2~4%といわれています。
たとえば現在の株価が1,000円(1株)で年間の配当金が20円(1株)の株を100株買った場合、配当金は2,000円ですから利回りは2%です。

配当益を目的に株を運用をするメリットはどんなことでしょうか。

配当益狙いのメリット

  • 定期的に安定した利益が出る
  • 株価の動向にハラハラしなくてよい

配当は、基本的に毎年出るものです。
ですから、金額的には少ないですが安定した利益を得られます。
また、株を売買した差額で利益を出すわけではないので、株の値動きにハラハラすることは少ないでしょう。

一方で、デメリットはどんなことでしょう。

配当益狙いのデメリット

  • 大きな儲けは期待できない
  • 配当金が出ない場合もある

配当益では、売買益で出るような大きな儲けは期待できません。
また業績が著しく悪化した場合には、配当金が出ない場合もあります。

つまり配当益狙いでの投資は、大きなリターンはないものの大きく失敗することもない、堅実な運用方法といえます。

株主優待狙いのメリット・デメリット

株主優待は、企業が自社の株を持っている人に品物やサービスを贈るものです。
配当金のようにお金でもらうわけではなく、食べ物や商品券・割引券などさまざまな種類があって、選ぶだけでも楽しい気持ちになります。

株主優待のメリット

  • 株を持っているだけで優待サービスを受けられる
  • お礼の品を選ぶのが楽しい
  • 企業を応援している実感が持てる

株主優待のメリットは、なんといっても魅力的な品物やサービスです。
また、株主限定の品物をもらったりサービスを受けたりすると、その企業を応援しているという実感を得られるでしょう。

株主優待のデメリット

  • 優待が魅力的だと株価が高くなりがち
  • 優待がもらえないときもある

株主優待の大きなデメリットは、優待内容が魅力的なほど株価が高くなる傾向があることです。
また、配当と同じように業績によっては優待がもらえなくなることもあります。

株主優待狙いの投資は、株価は高くなりがちだがとにかく楽しいことが特徴の運用方法といえます。

株初心者が損をしないためのポイント

実際に投資を始める「売買益」「配当益」「株主優待」のどの利益を得るにしても、失敗しないためにおさえておきたい共通のポイントが4つあります。
さらに、それぞれの投資目的にプラス1つのポイントもあります。

どれも難しいことではありませんが、ていねいに解説していきます。

「配当狙い」「株主優待狙い」「売買益狙い」に共通のポイント

まずは、3つの投資目的に共通のポイント4つを見ていきましょう。

  1. まずは少額から始める
  2. 投資先を分散させる
  3. 長期で運用する
  4. 損切りラインを決めておく

1.まずは少額から始める

初心者の方は、まずはリスクの少ない5万円ほどの少額から始めましょう。
およそ5万円以内の価格で株を買える企業もありますから、そのような株から狙ってみましょう。

以下に、5万円以下で買える企業の株をまとめました。(2018年8月時点・最低株数はいずれも100株)

会社名 株価 購入必要額
ヤフー 377円 37,700円
クックパッド 468円 46,800円
バイク王&カンパニー 188円 18,800円
レナウン 125円 12,500円
わかもと製薬 287円 28,700円

最初ですから生活に影響のない範囲の資金で始めるのがよいでしょう。
生活に影響のない範囲の額であれば、値下がりしたとしても大きな損失にはなりませんし、次への勉強料だと思って諦めがつきます。
最初から多額のお金をつぎ込んで不安になるのは得策ではありません。

どうしても欲しい株があるけど株価が高くて手が届かない…!」というときは、「単元未満株」で少しずつ買い増していくという手もあります。
一定の株数に達すれば配当も株主優待ももらえます。

少額から始めたい人にオススメなのは「SBIネオモバイル証券」です。

  • 数百円からでも株が買える
  • Tポイントでも投資できる
  • 手数料は月額200円(税抜)※

※1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合

SBIネオモバイル証券バナー

Tポイントが余っているなら、試しにSBIネオモバイル証券で投資を始めてみるといいかもしれません。

2.投資先を分散させる

株を買うとき、できれば1つの企業だけでなく複数の企業に分散することをおすすめします。

業種の異なる企業であればベストです。
同業種であると、その業界全体の業績が悪化したときに、持っている株全てが値下がりしてしまうからです。
どれかが下がってもどれかが上がっているから大丈夫」と安心できる状態が望ましいでしょう。

3.長期で運用する

配当益と株主優待で運用する場合は必然的に長期運用することになりますが、売買益を狙っているとつい目先の値動きにが気になってしまうものです。

しかし、株価を見るときは短期的な値動きにとらわれず長期的に見ることが大切です。
過去の日本の株価全体をみると、一時的な値動きがあったとしても長期的に見れば上がっています。
短期的な値動きに一喜一憂して慌てて取り引きしても、結果的に利益は微々たるものです。

4.損切りラインを決めておく

株を買うときに、この株がいくらまで値下がりしたら売るかを決めておきます。

たとえば「10,000円で買った株が8,500円になったら絶対に売ろう!」と決めておけば、損は1,500円です。
「いつか上がるかもしれない」と期待して待っていても結局上がらず、5,000円前後で落ち着いてしまって売るに売れない…となったら、損は5,000円です。

目先の損得にとらわれ過ぎると、利益を出すことはできません。いくらの損なら許せるかを考え、その範囲でマイルールを作りましょう。

投資目的別プラスαのポイント

すべての投資目的に共通のポイントが分かったところで、もう1つだけプラスでポイントがあります。
よりリスクをおさえるために、各投資目的に合ったポイントをもう少し読んでみてください。

配当益狙いで損をしないためには利回りの推移を確認する

利回りは、常に一定というわけではありません。現在の利回りが高いからといって飛びつくと、損をしてしまうことがあります。
利回りは株価と配当金の関係によって決まりますので、たとえば以下のような理由で変動します。

  • 配当金額が変更された
  • 何らかの理由で株価が下がっている

配当金額が高くなる分にはうれしいですが、急に下がる場合もあります。
また、株価が下がると数字上は利回りが高くなりますが、株価が下がった理由が重要です。

利回りの値の変動だけでなく変動の理由や期間も見ておき、不自然に利回りが変化した株には手を出さない方が無難です。

株主優待狙いで損をしないためには優待利回りを計算する

優待狙いで株買う場合に気をつけるべきなのは優待利回りです。
いくら優待内容が魅力的でも優待利回りが低いと、売買手数料などのコストを引いたときにマイナスになってしまうからです。

優待利回り(%) = 株主優待の価値 ÷ 現在の株価 ×100

株主優待には、商品券や旅行券など金額の分かりやすいものがあります。そういった金券類は、現金の価値と同等に計算できます。
自社施設・関連施設の利用券なども、調べれば料金が分かるので金券と同様です。

優待内容が変わったときなどは特に、損をしていないかを計算して確認することをおすすめします。

売買益狙いで損をしないためにはハラハラドキドキしない

売買益狙いの場合、一番怖いのは株価の変動にハラハラドキドキしてしまうことです。
ハラハラドキドキすると、持っている株の値動きが大きくなったときに慌てて手放して損をしてしまう可能性があるからです。
冷静に考えれば慌てる必要はなかったのに、この先どうなるかわからないという不安は焦りを生んでしまいます。

この状態を避けるためには、値動きを予想するのが難しい不安定な銘柄を選ばないことが重要です。

共通するポイントと投資目的それぞれに特有のポイントがありました。
売買益を狙うポイントはハラハラドキドキしない銘柄選びでしたが、どの利益を目的にするとしても銘柄選びは重要です。
この後は、それぞれの目的に適した銘柄の選び方を解説していきます。

株初心者の銘柄選びはどうすればいい?

これから株を始める初心者の方がまず頭を悩ませるのは、結局どれを買ったらいいの?という問題です。
買いたい株が決まっている方はよいですが、決まっていない方にとって銘柄選びは大きなハードルです。

どの投資目的でも、基本は「なるべく身近な企業から始める」ということですが、目的ごとに銘柄の選び方は若干変わってきます。
目的別に詳しく見ていきましょう。

配当益狙いの銘柄選び

配当益を狙うなら、基本的には株式を長期で保有することになります。
ですから、長く持っていて安心で楽しみのある以下のような銘柄を選びましょう。

銘柄選びのポイント

  • 自分が応援したい企業
  • 利回りが安定している企業

良い事業だなと思う企業があったら、過去の利回りが安定しているかどうか調べてみましょう。
株を購入するということはその企業を直接応援していることになりますから、今まで以上に事業にワクワクしますよ。

株主優待狙いの銘柄選び

株主優待が目的の場合は、もちろん優待内容で選んでOKです。
優待利回りに気をつけることを忘れずに。

銘柄選びのポイント

  • 優待が魅力的な企業
  • 優待利回りが低すぎる企業はNG

優待の内容は、雑誌やインターネットサイトだけでなく証券会社のツールやアプリでも検索できます。
さまざまな商品やサービスの中から選べますから、情報収集するだけで楽しいですね。

売買益狙いの銘柄選び

売買益狙いで損をしないためには、ハラハラドキドキしない銘柄を選ぶのがポイントでした。
そのためには企業の情報になるべく多く触れて、銘柄を見る目を養うことが重要です。

銘柄選びのポイント

  • 自分の生活に身近な企業
  • 今後も成長が見込める企業

銘柄を見る目を養うためには「自分の身近にある企業を調べてみる方法が有効です。
自分の身近にある企業の株とは、たとえば以下のようなものです。

  • 使っているスマホやPCのメーカー
  • いつも行くショッピングセンター
  • 大好きなお菓子や飲み物のメーカー

身の回りのモノやサービスには日常的に触れる機会が多いため、自分の肌で感じる情報が多くなります。

自分の肌で感じる情報が多くなると「あまり新製品が出なくなったな」とか「お客へのサービスがよくなったな」など小さな変化に気がつきやすくなります。
小さな変化に気がつくようになると業績の動向にも自然と敏感になり、売買のタイミングがつかめるようになりますよ。

もっと具体的に初心者におすすめの銘柄が分かる記事はこちらです。

株初心者でも大丈夫!「買い」と「売り」の注文方法を使いこなす

さて、銘柄を選んでいよいよ株を買うとなったら、当然ですが注文をする必要があります。
といっても株の注文は、ただ銘柄を指定して「買います!」「売ります!」と注文すればよいわけではありません

株を注文するときに知っておくべき基本的な注文方法を解説していきます。

株を買う手順と失敗しない注文方法

まずは株を買うときの注文方法です。
株を買うときの注文方法には「成行注文」「指値注文」という2種類の方法があります。

成行注文で早く確実に

成行注文とは
値段を指定せず注文を出したときの値段で売買する注文方法。

成行注文は「いくらでもいいから買いたい」ときに使う注文方法です。
なるべく早く売買したいときや相場の動きが激しいときに取り引きが成立しやすくなります。

指値注文で手堅く

指値注文とは
自分で売買したいと思う値段を指定して注文を出す注文方法。

指値注文は希望の値段以下で買いたいときに使う注文方法です。
買う値段を自分で決めることができますが、その値段にならなければ取り引きが成立しないというデメリットもあります。

株価は買いたい人と売りたい人のバランスによって変動します。
その変動の流れで買うときは成行注文を使い、流れの中で自分なりのラインを引いて値段を決めたいときは指値注文を使うのがよいでしょう。
成行注文と指値注文の使い分けは難しいですが、はじめは指値注文で様子を見ながら徐々に慣れていけば、相場を読めるようになります。

株を売る手順と失敗しない注文方法

次に売り注文ですが、基本的には買うときと同じ注文方法を使います。
つまり、いくらでもいいから売りたいときは成行注文を使い、希望の値段以上で売りたいときは指値注文を使います。

株を売るときは、利益か損失かのいずれかの結果が出ます。
買うとき以上に決断が必要ですから、ずるずると流されてしまわないよう損切りラインを決めておくのが安心でしょう。

損切りラインを決める

損切りラインのめやすは、だいたい購入価格の10%程度下がった金額が一般的なようです。
はじめのうちはセオリー通りに10%で設定しておき、持っている株によって調整していくのがよいでしょう。

逆指値注文でリスクをおさえる

損切りはしたいけど仕事をしていて株価をずっと見ているわけにはいかない、という方におすすめなのが逆指値注文です。

逆指値注文とは
株価が指定した値段以上になれば買い、指定した価格以下になれば売る注文方法。
※指値注文は指定した値段以下で買い、指定した値段以上で買う注文方法なので、反対の注文方法になるため逆指値という。

逆指値で売るときは、この値段以下になったら損切りラインを超えるという価格を設定しておき、自動で損切りすることができます。
また逆指値で買うときは、この株がこの値段になったらもっと上がるというときの最低価格を設定しておくことで、買い時を逃しません
一定の条件で売買できるので、日中あまり株価を見られない方におすすめです。

投資目的別|株初心者が失敗しない証券会社の選び方

株の取引には、証券会社の総合口座を開設する必要があります。
まだ口座を持っていないのなら、これから口座を開設するのにおすすめの初心者向き証券会社を投資目的別に3社ずつご紹介します。

配当益目的に適した証券会社

配当益を狙うなら、日々の値動きを追う必要はあまりないので、持っている株の状況をサッと簡単にチェックできるアプリが充実している証券会社がおすすめです。

楽天証券

楽天証券の初心者おすすめポイント

スマホアプリ『iSPEED』で日経テレコンが読めるなど銘柄選びに役立つ情報が充実している

詳しくはこちら

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券の初心者おすすめポイント

投資経験のレベルによって選べる取引ツールが使いやすい

詳しくはこちら

カブドットコム証券

カブドットコム証券の初心者おすすめポイント

サポート体制が万全で初心者にも安心

詳しくはこちら

株主優待目的に適した証券会社

株主優待を狙うなら、優待の内容で銘柄を選びやすい情報が充実している証券会社がおすすめです。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券の初心者おすすめポイント

投資経験のレベルによって選べる取引ツールが使いやすい

詳しくはこちら

カブドットコム証券

カブドットコム証券の初心者おすすめポイント

サポート体制が万全で初心者にも安心

詳しくはこちら

SBI証券

SBI証券キャプチャ

SBI証券の初心者おすすめポイント

開設口座数業界NO.1の安心感があり、手数料が安く投資を始めやすい

詳しくはこちら

売買益目的に適した証券会社

売買益を狙うなら、取引ツールとアプリ、情報がバランスよく充実している証券会社がおすすめです。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券の初心者おすすめポイント

投資経験のレベルによって選べる取引ツールが使いやすい

詳しくはこちら

楽天証券

楽天証券の初心者おすすめポイント

スマホアプリ『iSPEED』で日経テレコンが読めるなど銘柄選びに役立つ情報が充実している

詳しくはこちら

カブドットコム証券

カブドットコム証券の初心者おすすめポイント

サポート体制が万全で初心者にも安心

詳しくはこちら

この記事のまとめ

株初心者でも4つのポイントでリスクを下げて賢く運用できる

  • まずは少額から始める
  • 投資先を分散させる
  • 長期で運用する
  • 損切りラインを決めておく

投資目的別にもう1つずつのポイント

  • 配当益狙い:利回りの推移を確認する
  • 株主優待狙い:優待利回りをチェックする
  • 売買益狙い:ハラハラドキドキしない

株の初心者でも注文方法を理解すれば失敗しない

株の初心者は投資目的に適した証券会社を選ぼう

カテゴリー内記事一覧

株の損益通算とは?繰越控除で税金を正しく納めるための知識

「損益通算ってなに?」 「株取引で年間を…

株の特定口座って何?一般・NISA口座との違いと選び方・注意点

「口座開設のときに聞かれる特定口座って何?」

株の利益にかかる税金とは?確定申告の方法を口座種類別に解説

「株取引で発生した利益にも税金ってかかるの?」

株のボリンジャーバンドを攻略すれば株価の動きが分かる!

「ボリンジャーバンドを活用してみたいけど見方が分からない」

株の配当金はいつもらえる?利回り計算と銘柄選びができる方法も解説

「株をやるなら配当金で利益を出してみたい」

株式の売買で初心者が知っておくべき知識!流れと注文方法を解説

「買った途端に値段が下がった」「利益が出ていたのにうまく売れなかった…

株式投資の仕組みをわかりやすく解説!初心者のための基礎知識

「株は専門用語が多くてとっつきにくい…」「…

株取引ができる時間と時間外でも注文する方法とは?

株式投資を始めたいと思っても「平日は会社勤めで取引時間が取れない!」…

投資女子が株を始めた理由とは?株初心者には株主優待株がオススメ

「私はいつまで働けばいいの…?」 「老後…

サラリーマンの株式投資はインカムゲインと長期投資が鍵

サラリーマンが、これから株式投資を始めるなら、投資元本が割れたり損をだしたりしても、気分が落ち込…