株式投資の利益目標は2%~4%を目指せ!金額別シミュレーション

「株の利益って、だいたいどのくらいを目標にするべき…?」

「いくら投資すればいくら儲かるの…?」

株取引に使える資金が少ない投資初心者は、できるだけ資金を失うことなく堅実に利益を上げるために、目標を立てることが大切です。
しかし、株の利益の中でも配当金と株主優待の利益の計算方法は少し複雑です。

配当金や株主優待でどのくらいの利益を得ることを目指せば無理のない投資ができるかを解説していきます。

  • 2019年5月の東証1部平均利回りは2.19%
  • 個別銘柄を買うなら市場平均と同等の利回り2%越えを狙う!
  • 銘柄選びのしやすさで口座選びするならSBI証券がおすすめ

株の利益目標|初心者なら年間の配当利回りは2~4%が目安

まずは、株式を保有していることで得られる配当金の「配当利回り」と「株主優待」の利益の計算方法と初心者の方に適した目標ラインをご紹介します。

配当利回りの計算方法と目標

株式を保有し、権利確定日に株主として株主名簿に記載されている人には配当金が支払われます。
配当金が株価に対してどのくらいのお得なのかは「配当利回り」でわかります。

配当利回り(%)=1株当たりの年間配当金÷現在の株価×100

例えば、現在の株価が1,000円で年間の配当金が20円であった場合、

配当利回り(%)=20 ÷ 1,000 ×100 =2% です。

一般的には、配当利回りは2~3%ほどが標準で、それを超える銘柄は「高配当である」といわれます。中には5%を超える高い配当を出している銘柄もありますが、高すぎる配当には注意が必要です。
高い利回りには以下のような理由が考えられます。

  1. 株価に対して配当金額が高く設定されている
  2. 何らかの理由で株価が下がっている

1の場合は、本当にそれだけの配当を出せる体力がその企業にあるかどうか不安が残ります。
2の場合は、企業としての業績が悪化している可能性もあり、将来は株価が下がっていく可能性があります。いずれにしても、購入の判断は慎重にしなければなりません。

配当利回りの目標

投資初心者のうちは利回り2~4%前後を目標とし、企業の経営状態もチェックしながら投資をしていくのが安心!

株主優待の利回りの計算方法と目標

もう一つ、株主が受け取ることのできる利益として「株主優待」があります。
株主優待は現金ではありませんので、明確な利回りというのは出せませんが、大まかな目安として「優待利回り」を計算してみましょう。

優待利回り(%) = 株主優待の価値 ÷ 投資金額 ×100

株主優待には、商品券や旅行券など金額のわかりやすいものがあります。そういった金券類は、現金の価値と同等に計算できます。
自社施設・関連施設の利用券なども、調べれば料金がわかるので金券と同様です。

株主優待の目標

基本的には利回りというよりは欲しい商品で選んでOK!
ただし一度は計算をしてみて、あまりにも優待利回りが低く、手数料などのコストを引いたときに利益が出ないものはNG

問題は、株主限定商品などの金銭的価値がわかりづらいもの、優待割引で商品を購入できる権利など価値が変動するものです。
金銭的価値がわかりづらいものや変動するものについては、優待利回りを計算することができませんが、ご自身の生活習慣に照らして、ざっくりと目安で計算してみましょう。

株初心者が低リスク運用と基本知識で賢く儲ける方法についてはこちらで解説しています。

具体的な株の目標金額とその期間を決める

では、配当金で利益を出す場合、どのくらいの資金で何年でいくらくらい受け取ることができるのでしょうか。
実際に計算して、手の届きそうな目標を決めてみましょう。

なお配当金には所得税がかかりますので、実際の受取額は配当金額より少なくなることにご注意ください。今回は、簡略化するために所得税のことは考慮しないことにします。

利回り2%で10万円の配当を受けるには

例えば利回り2%の銘柄の株で、10万円の配当金を目標にしたとします。

配当金 配当利回り 投資金額 投資期間
10万円 2% 500万円 1年
250万円 2年
100万円 5年
50万円 10年

10万円の配当を1年で受けるには、500万円を投資する必要があります。
50万円の投資額なら、10年間保有すれば10万円の配当金になります。

ただし、10年の間に企業の経営状態や日本の経済情勢が変わる可能性には十分注意し、損失が膨らまないよう対策をしなければなりません。

利回り5%で10万円の配当を受けるには

では、利回り5%だとどうなるでしょうか。

配当金 配当利回り 投資金額 投資期間
10万円 5% 200万円 1年
100万円 2年
40万円 5年
20万円 10年

配当利回りが5%の銘柄で、1年で10万円の配当を受けるには、200万円の投資が必要です。
20万円の投資額なら10年間保有すれば達成できます。

ただし、5%の利回りを10年継続できる銘柄を選ぶのは初心者の方には難しいかもしれません。

初心者の目標はどうしたらいい?

初心者でも実現できて、他の資産とのバランスがとれる投資金額、目標金額と期間は、以下のパターンが無難そうです。

  • 配当利回りが2%の銘柄に100万円を投資し、5年かけて10万円の配当金を受け取る
  • 配当利回りが5%の銘柄に100万円を投資し、2年かけて10万円の配当金を受け取る

シミュレーション|利回り2%・5%だといくら稼げるのか

ここまでは、目標金額を設定した場合に必要なお金と期間を見てきました。
ここからは、利回りで銘柄を選んで実際に買ったとしたらどうなるのか、実際の株式で具体的なシミュレーションをしてみます。

利回り2%の場合の配当金(例)

配当利回りが約2%のグンゼ(株)のデータをもとに、配当金の金額をシミュレーションしましょう。

グンゼ(株)の2018年10月のデータ
株価 5,010円
単元株数 100株
最低購入金額 501,000円
1株当たりの配当 100円
保有年数 受け取ることのできる配当金
1年 10,000円
5年 50,000円
10年 100,000円

100株を保有している株主は、1年間に10,000円の配当を受けることができます。
5年後までには50,000円、10年後までには100,000円となります。

利回り5%の場合の配当金(例)

では、配当利回りが5%の(株)ミクシィではどうでしょうか。

(株)ミクシィの2018年10月のデータ
株価 2,466円
単元株数 100株
最低購入金額 246,600円
1株当たりの配当 124円
保有年数 受け取ることのできる配当金
1年 12,400円
5年 62,000円
10年 124,000円

100株を保有している株主は、1年間に12,400円の配当を受けることができます。 5年後までには62,000円、10年後までには124,000円となります。

利回り2%では物足りなく感じてしまうかもしれませんが、配当金は長期的に安定して受け取ることが重要です。
自分が投資できる金額と保有し続けられる期間の範囲で目標を決めましょう。

着実に目標を達成したい株の初心者におすすめの証券会社

楽天証券

楽天証券の初心者おすすめポイント

スマホアプリ『iSPEED』で日経テレコンが読めるなど銘柄選びに役立つ情報が充実している

詳しくはこちら

SBI証券

SBI証券キャプチャ

SBI証券の初心者おすすめポイント

開設口座数業界NO.1の安心感があり、手数料が安く投資を始めやすい

詳しくはこちら

松井証券

松井証券の初心者おすすめポイント

フリーコールでどんな質問にも答えてくれるお客様サポートが充実している

詳しくはこちら

GMOクリック証券

GMOクリック証券の初心者おすすめポイント

FXなど株以外の投資商品が豊富にそろっている

詳しくはこちら

ライブスター証券

ライブスター証券の初心者おすすめポイント

手数料が業界最安値水準なので購入コストが抑えられる

詳しくはこちら

【 FUNDAVI主催 投資イベント情報 】
event

関連記事

株の買い方を知りたい!株を買う手順とタイミング

初心者が100万円で株式投資をする時の銘柄選びやコツ

株に向いている人・向いていない人の性格や特徴 初心者でも投資家に…

初心者向け株の儲け方 利益を出すための運用のコツ

株初心者にありがちな株式投資の失敗例と大損しないコツ