株取引ができる時間と時間外でも注文する方法とは?

株式投資を始めたいと思っても「平日は会社勤めで取引時間が取れない!」と株投資に踏み切れない会社員の方も多いのではないでしょうか?
たしかに、取引所が開いている時間は平日の日中と会社員の方が売り買い注文を自由にするには難しい時間帯です。
だからといって会社員は株ができないかというとそんなことはありません。会社員でも上手に資産を築いている人が多くいらっしゃいます。

この記事では、株取引ができる時間帯と忙しい方でも時間外に株取引ができる方法をご紹介します。

  • 取引所が開いているのは平日9時~15時
  • 時間内に取引できなくても予約注文をしておけば売買できる
  • 夜間にリアルタイムで取引したいならPTSに挑戦

株取引ができる時間は?

最初に取引時間についてご説明しましょう。日本だけではなく、世界一の株式時価総額を誇るニューヨーク証券取引のほか、上海証券取引、ロンドン証券取引など世界には多くの証券取引があり、互いに影響し合っています。

証券取引所が開いている時間は平日9時~15時

日本の証券取引場が開いている時間は平日の9時から〜11時半の前場(ぜんば)と呼ばれる時間と、12時半から15時の後場(ごば)と呼ばれる時間に分かれ、その時間内であれば自由に売買を行うことができます。

tokyo

特に取引開始時間である9時と12時半を寄り付き、15時のことを大引けと言います。
土日祝、年末年始はお休みです。

海外の取引所が開いている時間一覧

  • ニューヨーク:日本時間23時半~6時
  • 中国:日本時間10時~17時
  • ヨーロッパ:日本時間17時~1時半

一方、もっとも影響力のあるニューヨーク取引所が開いている時間は日本時間の23時半から6時までです(サマータイムは22時半から5時まで)。

newyork

このニューヨーク取引所が閉まってから世界で最初に開く取引所が日本であることから日本市場がアメリカ市場の影響をもっとも受けやすいと言われています。

また、中国の市場は日本の約1時間後、ヨーロッパは夕方ごろから動き出すことも押さえておきましょう。

会社員でも時間外に株取引ができる

日中働いている社会人、特にサラリーマンの方がリアルタイムで株価を見て取引することは難しいでしょう。
そんな方には事前に予約注文をいれておく方法がおすすめです。事前に予約注文を入れておけば、設定しておいた希望の価格で売買をすることができます。

予約注文をするためには、株の注文方法である「成行注文」と「指値注文」との2つを使い分けます。
予約注文と注文方法の概要について見ていきましょう。

予約注文とは

ネット証券を利用していれば24時間いつでも予約注文を出すことが可能です。
スマホでも簡単に注文を出すことができるので、たとえば通勤中に情報を集め、その日に売買する銘柄を決めて注文を出すといった買い方も可能です。
自分の注文条件に当てはまれば約定と呼ばれる注文の成立となり、当てはまらなければその注文は無効になります。

注文条件は、成り行き注文と指値注文を使い分けて設定できます。

指値注文と成行注文を使い分ける

成行注文
株価がいくらであっても注文を出したタイミングで売買を行う
指値注文
あらかじめ決めておいた株価になったら売買を行う

予約注文の場合、成行注文が通るのは前場と後場の寄付きのタイミングとなることに注意しましょう。

時間外でも値動きを見ながら取り引きする方法

どうしてもリアルタイムで取引を行いたい方はPTSという方法もあります。

PTS(私設取引システム)
取引所が開いていない時間でも株の売買を行うことができる取引方法のこと。現在、日本ではSBI証券松井証券楽天証券の3社で行うことができる。

PTSなら時間外でも値動きを見ながら取引できる

PTS は早朝からスタートするデイタイム・セッションとナイトタイム・セッションに分かれ、利用する証券会社によって時間が少し異なるので注意しましょう。

PTSのメリットはやはりリアルタイムで株価が見られることです。
また決算発表やニュースなど、市場が閉まった後に発表されたことに対していち早く株を売買するという反応ができることも魅力です。

デメリットは全ての銘柄がPTSで売買できるのではなく、限られた銘柄になることと、流通量が少ないため多くの株数を買うことには適さないことです。

この記事のまとめ

  • 指値注文を使えば、株価をずっと見ていなくても希望の価格で取引することができます。
  • 帰宅した後など夜間に取引したいときは、PTSに挑戦してみてもよいでしょう。

関連記事

少額資金での株の始め方と資金別の株取引

株初心者向け用語集 株式投資に必要な基礎知識

株の初心者に「ナンピン買い」が危険な理由とは?

株初心者でも簡単!? ETF(上場投資信託)の3つの魅力とは?

初心者向け|株の分析の基本知識