指値と成行の違いは?株の注文方法を解説

「指値注文と成行注文の違いが理解できない…」

「具体的にどうやって注文したらいいの?」

株式を買う注文をするときには「指値注文」と「成行注文」のいずれかを選択する必要がありますが、どちらがどういう注文方法なのかわからないまま注文するのは不安ですよね。「指値注文」と「成行注文」は、それぞれの意味をきちんと理解すれば簡単に使い分けられます。

この記事では、株の注文方法と指値、成行の違いをわかりやすく解説していきます。

  • 指値注文は指定した株価になったら株式を売買する方法
  • 成行注文はいくらでもいいから買いたい場合に株価を指定せずに売買する方法
  • 購入時は成行、売却時は指値を選択することで失敗を少なくできる

株の注文方法と注文時に決めるべき4つのこと

まず、株式を注文する際、どのようなことを考えなければならないのでしょうか。
注文を出すときには、以下の4つのことを決めておく必要があります。

  • 銘柄…どの会社の株を買うか
  • 株数…何株買うか
  • 期限…注文の有効期限
  • 希望価格(指値、成行)…いくらで売買するか

株を注文する際に重要なのが、株をいくらで売買するかということです。買い注文の時にはいかに安く買うか売り注文の時にはいかに高く売るか、という価格設定がポイントになってきます。

そこで役に立つのが、「指値」と「成行」という2種類の注文方法です。

指値注文
指定した株価になったら株式を売買する方法
成行注文
いくらでもいいから買いたい場合に株価を指定せずに売買する方法

指値と成行について、具体的な内容やどういったメリット・デメリットがあるのかを詳しく確認していきましょう。

指値・成行注文の違いとメリットや注意点

注文方法 買い 売り
指値 指定した金額を上回る株価になったら購入が成立する 指定した金額を下回る株価になったら売却が成立する
成行 株価に関わらず注文した時点での最も低い売り注文価格で購入が成立する 株価に関わらず注文した時点での最も高い買い注文価格で売却が成立する

指値注文とは?メリットと注意点

指値注文とは、自分で希望する株価を指定して売買の注文を出す方法です。
自分で購入価格を指定することができるため、指定した株価にならなかった場合には注文が成立しません。

そのため、想定外の株価で売買をしてしまうリスクを回避することができます。売買の結果を比較的予想しやすい方法といえるでしょう。

しかし、指定した株価になるまでは売買が成立しないため、売買のチャンスを逃してしまう可能性があることには注意が必要です。

たとえば、500円で買った株式を売るとき、510円での売り注文を指値で出したとします。
このとき、株価が480円…450円というように下落し続けるといつまでも注文が成立せず、損失が膨らみ続ける可能性があります。

このようなリスクを回避するためにも、当日限りの注文とするか、注文の有効期限を指定しておきます。

成行注文とは?メリットと注意点

成行注文とは、値段を指定せずに株式の売買を注文する方法です。
市場の株価に応じて注文が即座に成立するため、取引を確実に実行できる点がメリットとなります。

しかし市場の株価に連動する取引方法のため、想定外の株価で注文が成立してしまうリスクには注意が必要です。

たとえば、株式の取引量が少なく、1回の売買によって株価が大きく変動するような銘柄があるとします。
注文時点では株価が500円だったのに取引が成立した時点では50円程度株価が変動してしまう、ということが起こりえます。

逆指値とは何か

指値注文の注意点として、売り注文を出していても株価が下がり続けると注文が成立せずに損失が膨らみ続ける可能性があります。
それを防ぐ方法として逆指値という注文方法があります。

逆指値注文
通常の指値注文とは逆に、指定した株価より高くなったら買い注文安くなったら売り注文が成立する方法。

指値注文と逆指値注文を同時に使うことで、取引がいつまでも成立せずに損失が膨らみ続けるというリスクを回避することができます。
株価が思ったよりも下落した場合などの損切りとして使いやすい方法といえるでしょう。

指値・成行注文を使った注文のシミュレーション

株式取引をする際には、株式を安く買って高く売ることがセオリーです。このセオリーに従って実際に取引を行う方法を紹介します。

まずは取引準備として証券会社の口座を開設し、口座に入金をしておきます。

取引準備が整ったら、実際に証券会社のホームページを用いて買う銘柄を決定しましょう。 ここでは、楽天証券で楽天株式会社の株式を購入するという例を使ってみます。

まず、ホームページへアクセスして「国内株式 現物・信用」というタブをクリックします。
ページが切り替わったら「銘柄名/コード」という検索バーに会社名か企業コードを入力して検索をかけます。
楽天株式会社の場合、「楽天」と検索するか「4755」で検索すると企業ページに画面が切り替わります。

切り替わった画面には投資に関するさまざまな情報が掲載されていますが、その中で「買い」または「売り」ボタンをクリックしましょう。 すると、数量や希望価格、執行条件(期限)を設定する画面が表示されます。

安く買うための注文方法

安い株価で購入する場合には、成行注文を選択し、その時点での最安値を購入するのがおすすめです。

たとえば楽天株式会社の株を購入したい場合、売買単位に注意して購入株数と、注文が有効な期間を決め、取引暗証番号を入力して「注文」ボタンをクリックすると取引は完了です。

※2019年5月20日時点の始値1,115円で計算

注文方法 銘柄 株価 購入株数 購入金額
成行注文 楽天株式会社 1,115円 100株 111,500円

高く売るための注文方法

利益を確定させるためには購入した株式を売る方法も重要です。売却時には指値注文で購入価格よりも高い価格を指定することで高く売ることができます。

指値注文なのでその価格に至らなければ注文が成立しないことは注意しておきましょう。

ここでは、1株1,115円で購入した楽天株式会社の株が、1株1,300円になったら売るという注文設定をしたと仮定します。

注文方法 銘柄 指定金額 売却株数 売却金額
指値注文 楽天株式会社 1,300円 100株 130,000円

成行、指値注文を利用して売買した結果、今回の例の場合では111,500円で買って130,000円で売ることができました。合計で18,500円の利益が発生しています。

損失に備えたい場合には、注文時に逆指値の条件を同時に設定することができます。

株を注文できる時間について

株式の注文は1日のうちほとんどの時間で可能です。しかし、実際に取引が成立するのは取引所が稼働している平日の9時から15時まで(東京証券取引所の場合)に限ります。

ただし、11時30分から12時10分ごろまでは昼休みのため、注文してもステータスが更新されません。

市場取引時間外に注文をした場合、翌営業日の注文扱いとされます。
注文手順は取引時間に行う場合と変わりありませんが、翌営業日にならないと取引が成立しません。

翌営業日までに株価に直結するニュースが発生すると、取引開始とともに株価が大きく変動する可能性があります。そのため、時間外で指値注文をする場合は逆指値とセットで注文をして急な株価変動に備えた方がよいでしょう。

この記事のまとめ

指値注文、成行注文のメリットや注意点を理解した上で、まずは一通りの注文ができるようになることを目指してみましょう。

取引に慣れてきたら、逆指値注文も活用して、リスクを最小限に抑えながら高い利益を狙うことをおすすめします。

【 FUNDAVI主催 投資イベント情報 】
event

関連記事

株の買い方を知りたい!株を買う手順とタイミング

初心者が100万円で株式投資をする時の銘柄選びやコツ

株式投資の利益目標は2%~4%を目指せ!金額別シミュレーション

株に向いている人・向いていない人の性格や特徴 初心者でも投資家に…

初心者向け株の儲け方 利益を出すための運用のコツ