株に向いている人・向いてない人の性格や特徴 初心者でも投資家になれる?

「株を始めたいけど、自分は株をやるのに向いていないかもしれない…」
「株をするのに向いている人の特徴ってどんなところ?」

大きく儲かる人がいる一方で損する人もいるのが株式投資です。この差は、性格や行動面での向き不向きのためかもしれません。

もし株投資にあまり向いているタイプではなくても、ルールを守れば失敗の少ない投資を始められます。まずはあなたのタイプをチェックしてみましょう。

  • 向いていない人:短気、計画性なし
  • 向いている人:冷静、好奇心旺盛
  • 向いていないと思っても、ルールを決めれば低リスクの取引ができるかも
  • まずは少額でルール通りに取引できるか実践してみよう
  • 少額投資なら、数百円からでも株が買える大手ネット証券「SBI証券」、または株がつき500円から積立できる「カブドットコム証券」がオススメ

SBI証券の詳細を見る

カブドットコム証券の詳細を見る

株に向いていない人の4つの特徴

株に向いている人、向いていない人の特徴を「性格」「能力」「興味・趣味」そして実際の「行動パターン」の4つの側面から典型的な特徴とやりがちな失敗例をご紹介します。まずは向いていない人の4つの特徴を紹介しましょう。

株に向いていない人の特徴

  • 性格…短気
  • 能力…人に流されやすい
  • 興味…無関心
  • 行動…計画性がない

性格:短気な人

まず、性格ですが、短気な人は向いていません

株はどんな優良株でもずっと登り調子で株価が上がっていくわけではありません。
下がった時に我慢できずすぐに売却し、上がり始めると慌てて買い戻すなど、頻繁に売り買いを行う人は売買手数料ばかりがかさみ、大きく儲けることは難しいでしょう。

能力:自分で考えることが苦手な人

次に能力ですが、自分で考えることが苦手な人、つまり人に流されやすい人ほど損をしやすいです。

周りに株式投資をやっている友人・知人が多い初心者ほど、つい人からおすすめされた銘柄を買いがちです。
「●●さんも買っているから」という理由だけで自分でよく調べずに株を購入するのはギャンブルと一緒です。上がればまだ良いですが、下がっても誰も責任はとってくれません。

興味・関心:無関心

興味や趣味の面ではやはり自分の好きなこと以外にあまり興味がなく無関心な人ほど不利です。

企業とは、決して1つの業界だけで完結しているのではなく、さまざまな業界と相互に影響し合って成り立っています。
たとえば電気自動車(EV)が話題になったとき、自動車メーカーのみならず、自動車メーカーに部品を供給している会社なども一緒に株価が上昇しました。自分の一番興味のあることにしか興味がないと、株価が変動しそうな予兆に気がつけません。

行動パターン:計画性がない

最後に行動パターンですが、計画性がなく直感に従って行動しがちな人は損をしがちです

株式投資において直感に頼って儲けることができる人はほんの一握りのデイトレーダー(1日のうちに何度も売買を行い利益を得る投資スタイルの人)だけです。
本業で他に仕事があってずっと注文画面を見ていることができない人は、たまたま見た時の直感で相場を読んでもほとんど当たりません。

株初心者の失敗しない始め方についてはこちらで解説しています。



株に向いている人の4つの特徴

「向いていない」に全てが当てはまったという方も、部分的に当てはまった方もいらっしゃるでしょう。

では、株に向いている人とはどんな人でしょうか。
ご自身の向いていない部分は、向いている人のマネをして安心して投資デビューしてみましょう。

株に向いている人の特徴

  • 性格…真面目
  • 能力…判断力がある
  • 興味…好奇心旺盛
  • 行動…理性的な行動がとれる

性格:真面目な人

性格面では真面目な人ほど株に向いているといえるでしょう。

株式を買うことはその会社の未来に投資するということです。そのために会社のことをしっかり調べ、将来を予測する必要があります。
まさに、この記事を読んでいるあなたのように疑問に思ったことはしっかり調べて解決することがまずは第一歩です。これが出来る人は株に向いているといえます。

能力:判断力がある

次に能力面では、情報が正しいかどうかを精査できることが重要です。

今はSNSなどで真偽が定かではない情報が多く飛び交う時代です。そのような情報を自分で考えて判断できる人ほど、情報に振り回されることなく株で儲けやすいでしょう。

興味・関心:好奇心旺盛

また、興味・趣味の面では好奇心旺盛な人ほどお宝銘柄に気がつきやすく良い株を買える可能性があります。

といっても、明るく活発な性格である必要はありません。ニュースや人の話に関心を持ち、気になるヒントを得たらすぐにその企業を調べるという癖をつけておけば、必ず人より先に良い銘柄に出会えます。

行動パターン:理性的な行動がとれる

最後に行動パターンですが、上記を踏まえ、さらに理性的に行動できればあなたの成功は決まったようなものです。

「投資はメンタル勝負」とよく言われるように、調子が良ければ強気になり悪ければ弱気になる、というのは人間である以上仕方のないことです。その時の自分の感情に左右されて売買をしていないか、そう気をつける視点を持つだけでも結果は変わってきます。

初心者が株で儲けるための心得と基礎知識

では、実際に株式投資を始める上で最低限の心得をお伝えしましょう。

  • 株式を買う前に企業のことをしっかり調べる
  • 自分なりの売買ルールを決めて、それに従って取引する

この2つです。

たとえどんなに自分が信頼している人がすすめる銘柄であっても、自分でしっかり調べて納得ができてから購入しましょう
あくまで投資の結果は自己責任です。人がすすめた銘柄で損失が出てもその人が責任をとってくれるわけではありません。

2つ目ですが、たとえば「投資にあてる資金」、「利益の確定や損切りする場合の価格」などのルールをあらかじめ決めてから投資を始めましょう。
ルールを決めることで自分の感情に左右されることなく「理性的に」行動することができます

投資は余剰資金で行うのが一番です。貯金の全額を投資に当てるのではなく、仮に全てなくなっても大丈夫な範囲の中で行いましょう。

ルール設定のヒント
利益や損切りの価格設定ですが、はじめの間は「◯%上がったら買う(下がったら売る)」といった割合で設定するのが簡単です。
10%までの間で設定する人が多いようです。状況に合わせて変化させるのではなく、一度決めたらまずは半年そのルールに従って売買を行ってみましょう。

株の初心者におすすめの証券会社

株に向いている性格や行動パターンを理解したら、いよいよ株投資を始めてみましょう。
株投資に必要な証券会社のおすすめをご紹介します。

楽天証券

楽天証券の初心者おすすめポイント

スマホアプリ『iSPEED』で日経テレコンが読めるなど銘柄選びに役立つ情報が充実している

詳しくはこちら

SBI証券

SBI証券キャプチャ

SBI証券の初心者おすすめポイント

開設口座数業界NO.1の安心感があり、手数料が安く投資を始めやすい

詳しくはこちら

松井証券

松井証券の初心者おすすめポイント

フリーコールでどんな質問にも答えてくれるお客様サポートが充実している

詳しくはこちら

GMOクリック証券

GMOクリック証券の初心者おすすめポイント

FXなど株以外の投資商品が豊富にそろっている

詳しくはこちら

ライブスター証券

ライブスター証券の初心者おすすめポイント

手数料が業界最安値なので購入コストがおさえられる

詳しくはこちら

関連記事

株のローソク足とは?種類と見方・チャート分析の基礎を解説

「ローソク足の見方が分からない…」 「ロ…

NISAとは?メリット・デメリットと運用の流れを徹底解説

「NISAって始めた方がいいの?」 「自分に…

株の損益通算とは?繰越控除で税金を正しく納めるための知識

「損益通算ってなに?」 「株取引で年間を…

PER(ピー・イー・アール)とは?株の重要指標を分かりやすく解説

「PERって何?」 「買いたい銘柄の株価が…

PBR(ピー・ビー・アール)とは?株の重要指標を分かりやすく解説

「PBRって何?」 「株の専門用語が多くて…