初心者向きの株アプリで使いやすいのは?おすすめスマホアプリ3選

更新

「株のアプリって何ができるの?」
「人気でおすすめのアプリを知りたい!」

株のアプリで実際に何ができるのかは使ってみないとわからないですよね。そこで、1000円からでも始められる株アプリでの取引方法や、ワンタップで簡単に取引したい初心者向きで人気のアプリをご紹介します。

1.とにかくシンプルで使いやすいDMM.com証券の「DMM株」

かんたんモード」と「ノーマルモード」の切り替えができ、株初心者でも少し慣れてきた方でも使えるアプリです。

DMM株の詳細を見る

2.使いやすさと情報量のバランスが初心者に易しい楽天証券の「iSPEED」

スクリーニング方法が豊富で、チャートの形状から銘柄を探せるアプリです。

iSPEEDの詳細を見る

3.じっくり分析するなら岡三オンライン証券の「岡三ネットトレーダースマホ」

スマホアプリにもかかわらず、テクニカル分析に使える指標を豊富に搭載した、情報量満載のアプリです。

岡三ネットトレーダースマホの詳細を見る

目次

スマホアプリで初心者でもカンタン株取引

スマホのアプリには、株の知識を付けたり取り引きのシミュレーションをしたりするゲームのようなアプリと、実際の売買ができる証券会社のアプリがあります。
証券会社のアプリは株取引をするのにとても便利で、いまや株式投資をしている人にはなくてはならないツールです。

例えば、楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」は、現在145万人もの人が使っている超人気の株アプリです。

株のアプリの最大の強みは、いつでもどこでも注文できることです。ほかにも

  • シンプルな操作で注文できる
  • 急な状況の変化をアラート機能で知らせてくれる
  • 情報収集が効率よくできる
  • 口座開設するだけで使える

など、さまざまなメリットがあります。

一方でセキュリティ面などの不安要素もありますが、これはデメリットの章で対策も含めて詳しく解説していきます。
まずは、スマホアプリで株投資をするメリットをより詳しく見ていきましょう。

株式投資でスマホアプリを使うメリット・デメリット

メリット|スマホアプリでここまでできる!

色々な証券会社のアプリがインストールされているiphoneの画面

株のアプリには、証券会社の取引用のアプリや、口座開設用のアプリ、勉強やシミュレーションのためのアプリなどさまざまな種類があります。
また、ネット証券会社とアプリが一体になっているスマホ証券と呼ばれる新しい証券会社もあります。
それぞれ便利な機能があるので、ご紹介します。

証券会社の取引用のアプリは機能が盛りだくさん!

証券会社のアプリでおもにできること

  • 株取引(売買)
  • 株価のチェック
  • 会社四季報や経済ニュースのチェック

初心者におすすめの株アプリ3選はこちら

証券会社の口座開設用アプリでカンタン口座開設

証券会社に口座開設をするためだけのアプリも存在します。

口座開設用のアプリでできること

  • 口座開設の申し込み
  • 本人確認書類のアップロード
  • 連携銀行口座の登録
※証券会社によってできないこともあります。

勉強・シミュレーションアプリは初心者におすすめ

証券会社の取引アプリのほかに、株取引の勉強やシミュレーションができるアプリがあります。
基礎知識を付けたり、取り引きの練習をしたりしてみてから実際に売買しないと不安な初心者の方にはぴったりです。

勉強・シミュレーション用のアプリでおもにできること

  • クイズ形式などでの基本学習
  • 実在する銘柄を使っての取引シミュレーション
  • 四季報などの情報収集

株の勉強をするのにおすすめのアプリはこちらの記事で紹介しています。

スマホ証券はアプリですべてが完結する

スマホで取り引きすることに特化したスマホ証券と呼ばれる新しい形の証券会社があります。
従来の店舗型証券会社やネット証券会社は、取り引きのツールの一部としてスマホも使えるというものでしたが、スマホ証券の場合はスマホアプリで取り引きすることを前提にしています。

そのため、口座開設から連携銀行口座の設定、情報収集や実際の取り引きまでがすべてスマホ1台で完結します。

デメリット|スマホで株の取引をするのは危険?セキュリティは大丈夫?

アプリのメリットは何といっても手軽さですが、反面デメリットもあります。
スマホアプリで株取引をするおもなデメリットは、セキュリティ面やPCツールとの操作性の違いです。

セキュリティ面が不安

株取引に限りませんが、当然紛失や盗難の際の危険性があります。しかし、証券会社のアプリは紛失・盗難リスクに備えた対策がしてあり、セキュリティに問題はありません。

画面が小さくて操作しにくい

株の売買をする際にテクニカルな分析をしたい方には画面の小ささがネックになるでしょう。中級者には向かないかもしれません。

株の取り引きや勉強でアプリを使うことのメリットは手軽さや機能の多さですが、デメリットはセキュリティ面や画面の小ささでした。
両方をふまえ、これからアプリで株取引をしたい初心者の方におすすめの株アプリをランキングしました。

スマホアプリでの取り引きの危険はこちらの記事で詳しく解説しています。

初心者におすすめの株アプリ3選

初心者が投資を始めるためにおすすめの株アプリを紹介します。いずれも使いやすいアプリばかりです。

【DMM株】とにかくカンタンに操作したい

DMM株のメリットを紹介している画像です。

DMM株の特徴

  • 初心者におすすめの「かんたんモード」なら操作も銘柄選びも入金も簡単
  • ノーマルモードならチャートを使った分析もできる
  • アプリ内で「かんたんモード」と「ノーマルモード」の切り替えができる
  • 取引手数料も業界最安基準
  • DMM.com証券で口座開設して始める

FUNDAVIの女性キャラクターです。

初めての株投資をスマホで始めたい人におすすめです!

DMM株の詳細
証券会社 DMM.com証券
銘柄検索
注文方法
ノーマルモードなら逆指値注文や売却予約ができる
チャート分析
(ノーマルモードのみ)

DMM.com証券の詳細はこちら

【iSPEED】使いやすさと情報量のバランスを両立

iSPEEDを紹介する画像です。

iSPEEDの特徴

  • 株価の動きをスクリーニング・ランキング機能で検索
  • 日経テレコンとの連携で情報収集も可能
  • 売買管理が行いやすく、情報も見やすい
  • 進化を続ける取引ツール
  • 楽天証券で口座開設して始める

FUNDAVIの女性キャラクターです。

一つのアプリで取引を完結したい人におすすめです!

iSPEEDの詳細
証券会社 楽天証券
銘柄検索
チャートの動きから上昇中の株を探せるスクリーニング機能が評判
注文方法
チャート分析

楽天証券の詳細はこちら

じっくり分析するなら「岡三ネットトレーダースマホ」

岡三ネットトレーダースマホを紹介している画像です。

岡三ネットトレーダースマホの特徴

FUNDAVIの女性キャラクターです。

スマホトレードでもテクニカル分析を取り入れたい人におすすめです!

岡三ネットトレーダースマホの詳細
証券会社 岡三オンライン証券
銘柄検索
銘柄ランキングが比較的少なめ
注文方法
チャート分析

岡三オンライン証券の詳細はこちら

投資目的・スタイルに合ったおすすめ株アプリ

株アプリは用途や機能で選ぶのももちろんアリですし、操作性の良さで選ぶこともできます。また、少額から始めたい方にぴったりのアプリもあります。
自分の投資目的や投資スタイルに合ったアプリを選んでみましょう。

自分に合ったアプリ選びのポイント

  1. ずっと使えるアプリがいい
  2. 少額から始めたい
  3. 忙しいけど損はしたくない
  4. アプリですべて完結したい

ずっと使えるアプリがいい

SBI証券の株アプリを紹介している画像です。

SBI 株の特徴

  • チャートが見やすい
  • 中級者になっても十分使える機能が豊富
証券会社 SBI証券
銘柄検索
株主優待内容や業種だけでなくキーワードで銘柄を選べる
注文方法
チャート分析

SBI証券の詳細はこちら

少額から始めたい

kabu stationを紹介している画像です。

kabuステーションの特徴

  • 画面がシンプルでチャートも注文画面も見やすい
  • 値上がり率や値下がり率のランキングがリアルタイムで見られる
証券会社 カブドットコム証券
銘柄検索
注文方法
チャート分析

カブドットコム証券の詳細はこちら

忙しいけど損はしたくない

松井証券の「株touch」は、株価を常に見ていなくても注文機会を逃しません
「追跡指値」という指値注文と逆指値注文を同時にできる注文方法で、希望の価格の範囲内で取り引きすることができます。

株touchを紹介している画像です。

株touchの特徴

  • 日本の株価に影響する海外指標の数が多い
証券会社 松井証券
銘柄検索
注文方法 ◎ 成行・逆指値・追跡指値の3つ
チャート分析

松井証券の詳細はこちら

アプリですべて完結したい

SNS×株取引で新しい投資体験ができるSTREAM

アプリの良さを最大限に生かしたSNS×株取引の両方を実現した神アプリで、他にはないスマホ証券といえるでしょう。

STREAMを紹介している画像です。

STREAMの特徴

  • 取引手数料が現物も信用も無料でできる
  • コミュニティを使って気になる銘柄の情報収集ができる
証券会社 SMART+
銘柄検索
コミュニティの中で話題の株を知ることができるのが斬新
注文方法
チャート分析

STREAMの詳細はこちら

日本とアメリカの主要銘柄を買えるOne Tap BUY

One Tap BUYはスマホ証券で、日本株と米国株の主要な銘柄を1000円から買うことができます。個別銘柄を金額に合わせて現物取引することができますし、積み立てることも可能です。

One Tap BUYを紹介している画像です。

One Tap BUYの特徴

  • 取り扱いは日本と米国の有名企業の株だけ
  • 売買までの操作がたった3つ
証券会社 One Tap BUY
銘柄検索 ×
取扱銘柄数は日本株・米国株共に30銘柄のためスクリーニング機能は付いていません。
注文方法
チャート分析 ×

One Tap BUYの詳細はこちら

カテゴリー内記事一覧

DMM.com証券のスマホアプリ「DMM株」の特徴|メリットデメリットと…

DMM.com証券はCMで見たことがある方も多いでしょう。FXで有名な当社ですが、2018年4月からネット証券のサ…

1000円から株ができるアプリOneTapBUYの使い方

「株には興味あるけど、まとまったお金はないし…」

松井証券のスマホアプリ「株touch」の特徴とメリット・デメリット

大正7年創業の老舗の松井証券は、…

岡三オンライン証券のスマホアプリ「岡三カブスマホ」の特徴

創業96年を超える老舗証券会社の岡三証券。そのグループ企業である岡三オンライン証券は、トレーディン…

SBI証券のスマホアプリ「SBI証券 株」の使い方とメリットデメリット

ネット専業証券会社の中で、トップクラスの利用者数を誇る

楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」の特徴とメリットデメリット

楽天証券が提供している株取引ア…

株の勉強ができるおすすめアプリ|初心者向きランキング2018

「アプリで株の勉強を手軽にしたい!」 …

スマホでの株取引は危険?初心者が気をつけるべき9つのリスクと対策

「スマホで株取引したいけど、なんかリスクがありそうで怖い…」