PBR(ピー・ビー・アール)とは?株の重要指標を分かりやすく解説

「PBRって何?」

「株の専門用語が多くて覚えられない!」

株式投資を始めるに当たって、初心者がまず戸惑うのがその専門用語の多さではないでしょうか?一度にたくさん覚える必要はありませんが、基本的なことをおさえておくと便利です。

ここでは、購入する株を見つけるのに便利で重要な指標である「PBR」について、見方や特徴をご説明いたします。

  • PBRとは純資産と比べて今の株価が割安か割高かを見極めることができる指標
  • PBRが1倍より小さいほど株価が割安であることを示している
  • PBRが低い原因を総合的に判断することが大切
  • 口座開設がまだの方には手数料の安い証券会社がおすすめ

PBRとは?

PBR
純資産に対して今の株価が割安か割高かを見極めることができる指標

「PBR」とは純資産に対して今の株価が割安か割高かを見極めることができる指標、つまりお得な株を見つけるのに役立つ指標です。

PBRは株価純資産倍率(Price Book-value Ratio)の略で、現在の株価を1株当たりの純資産で割ることで算出します。

たとえば1株あたりの純資産が100円、株価が2,000円だとしたら2,000÷100=20倍となります。
この計算式はわざわざ覚えなくても、PBRは証券会社が運営しているサイト上で簡単に確認できます。

PBRとは、会社が仮に解散したときの株主の取り分を示しているので、PBR1倍で株価と同額、PBRが1倍より小さいほど今の株価が割安であること示します。

純資産 発行株式数 1株当たりの
純資産
株価 PBR
5,000万円 50万株 100円 2,000円 20倍

同じように株価が割安か割高かを見極める指標に現在の株価を1株当たりの予想利益で割ることで算出されるPER(株価収益率)というものがありますが、ここで注意したいのはあくまで「予想利益」から算出する指標であるということです。いくらPERが低いと言ってもこれからもっと業績が下がってPERも下がる見込みであれば割安とは言えませんし、多少高くてももっと上がる見込みであればその株は割安かもしれません。

また、PERは10前後から100を超えるものまであり、どの値を平均値と考えるのかも初心者に扱いが難しい指標です。その点、PBRはPERより変化しづらい数値ですし、PBR1倍という目安があるのでやさしい指標と言えるでしょう。

PBRの活用方法

PBRでお得な株価かどうかを見極める数値の目安は1倍です。PBRが1倍の時に、株価と1株当たりの純資産が同額になります。なぜ、このPBR1倍がお得な株価の目安になるかと言うと、1株当たりの純資産=会社が仮に解散したときの株主の取り分と考えた時に、PBR1倍を下回る株価で株を買っていれば株主は確実に利益を得られるからです。

とは言え通常はPBRが1倍以上であることが普通です。なぜなら本来、会社の価値は技術やブランド力などが加わり純資産より高いはずだからです。ですので、PBR1倍以下の会社は割安なのではなく、赤字を出し続けてるダメな会社である場合もあります。「割安だ!」と思って飛びつくのではなく、例えば市場全体の暴落などの理由で一時的にPBRが下がっている、将来に期待が持てる企業の株を買いましょう。また、もう1つ注意したいのが、資産の中になんらかの「隠れた損失」が含まれている場合もあります。その場合、蓋を開けると「思っていたより資産が少なかった!」ということもあり得るので注意しましょう。

また、鉱業や鉄鋼などもともとPBRの平均が1倍以下の業種があります。業種ごとの平均値はネット上で簡単に調べることができるので、業種ごとの平均PBRを購入する前に確認して参考にすることをおすすめします。

PBR1倍以下の銘柄を探す方法

それでは実際に楽天証券の画面でPBR1倍以下の銘柄を探してみましょう。「投資情報」の「詳細スクリーニング」をクリックします。PBRの最小値に1を入れて検索を入れればOKです。他に投資予算であったり業種であったり他の条件と組み合わせることもできます。特に投資予算はおおよそでも入力して検索すると精査するのが楽でしょう。

画像引用元:楽天証券

まだ口座開設をしていない方におすすめの証券会社

銘柄選びの前に、証券会社の口座開設が必要です。初めての口座開設であれば、取引手数料の安いネット証券会社をおすすめします。今回はその中でも大手の3社を紹介します。

以下の3つの証券会社なら、手数料が安いだけでなく口座開設から入出金までスムーズです。

証券会社 特徴 詳細
スマホアプリが使いやすい
楽天スーパーポイントがお得
詳細
口座開設数No,1の実績あり
総合力で選ぶならSBI証券
詳細
少額取引の手数料の安さが魅力
1日合計10万円以下なら0円
詳細

この記事のまとめ

会社の純資産から株価のお得度を判断するPBR。PERやROEと併せて、株の割安度、収益性を総合的に判断していきましょう。

関連記事

株の初心者に「ナンピン買い」が危険な理由とは?

株初心者でも簡単!? ETF(上場投資信託)の3つの魅力とは?

初心者向け|株の分析の基本知識

株初心者が損をしないための株の売り方を解説

初心者が株を買うべきタイミングとは?