株式投資の仕組みをわかりやすく解説!初心者のための基礎知識

「株は専門用語が多くてとっつきにくい…」
「そもそも株で儲かる仕組みが分からない」

株は儲かることもありますが、場合によっては損することもあります。ですが、しっかり仕組みを理解して始めれば必要以上に怖がる必要はありません。そこで、これから株を始める人に向けて、初心者が知っておきたい株の基礎的な仕組みを解説します。

  • 株で儲けるには「売買益」「配当金」「株主優待」の3つの方法がある
  • 株は証券会社を通して購入し、取引の方法には「現物取引」「信用取引」がある
  • 株価は需要と共有のバランスで決まる

「株で儲ける」とは?利益の種類と仕組み

まずは一番気になる「株で儲ける」とはどういうことなのか、基本的なことをおさえておきましょう。株で儲けるには3つの方法があります。

  1. 売買益
  2. 配当金
  3. 株主優待

まず1つ目は「売買益」です。

たとえば株を買って、それより高い値段で売れた場合、買った金額と売れた金額の差額が出ます。
この差額分を売買益と呼び、儲けになります。

売買益で儲けるということは王道な儲け方であり、実際に多くの投資家がこの方法で儲けを得ています。

2つ目は「配当金」です。

配当金は株式を保有する会社からの利益の還元です。
会社は株式を発行することで投資家から資金を得て、そのお返しとして事業活動で得た利益を株主が所有する株式数に応じて還元するのです。

ちなみに、配当金は1株の購入からでも得ることができます。

3つ目は「株主優待」です。

株主優待も配当金と同様に会社からの利益の還元ですが、物やサービスなどお金以外の物で還元されるのが配当金と異なるポイントです。

また「100株以上の保有者に限る」など、優待を受けるにあたり必要な所有株式数が決まっています。

株の取り引きの流れと仕組み

実際に株を売買したいときは、どうやって株を買えばいいのでしょうか。

株は証券会社を通して購入する

株式を買いたい場合、購入したい銘柄の会社と直接やりとりして購入するわけではありません。

株式は全て取引所と呼ばれる場所で証券会社を通じて購入します。
取引所で株式を扱われている企業のことを上場企業と呼びます。その取引所から私たちの注文に応じて売買を行うのが証券会社です。

現在、日本には大小合わせて200社以上証券会社がありますが、購入できる株の種類は日本株に関してはほぼどこも同じです。

また、株を売買する際は株の購入金額の他に手数料と呼ばれる費用も発生することに注意してください。

平日会社勤めをしているのであれば、利便性、手数料の安さから特にネット証券会社がおすすめです。

株取引の仕組みには2種類ある

取引の種類には「現物取引」と「信用取引」の2種類があります。

現物取引
その時々の時価で計算された代金と引き換えに株式を売買すること
たとえば証券会社に預けた10万円で、10万円の株式を買うといった通常の取引のことです。
信用取引
預けたお金を担保に証券会社からお金や株式を借りて売買を行う
最大で約3倍もの金額で売買が行えるので、少ない元手で大きな利益を得られる可能性もあります。

しかし、損失も倍になって返ってくるので初心者は現物取引で売買に慣れてから信用取引を検討することをおすすめします。

信用取引を行う場合、通常の手数料に加えて特別な手数料がさらにかかります。

実際に取引を始めるには、証券会社で口座開設をする必要があります。以下では株の初心者がまず口座開設するのにおすすめの証券会社を紹介しています。

初心者におすすめの証券会社一覧

株価が決まるときの仕組み

それでは実際に株式を購入するシーンを想定して、株価の変動、売買の成立について説明しましょう。

株価は需要と供給のバランスによって決まります。つまり、その株が欲しい人が多ければ高くなり、少なければ下がります。需要と供給は証券会社を通じて入る注文の金額と量によってリアルタイムで変動していきます。

買いたい人と売りたい人の条件が揃うことを約定と呼び、取引成立となります。例えば100円で100株買いたい場合、100円で100株売りたい人が現れれば約定、現れなければ取引不成立となります。

主な注文方法には「成行注文」「指値注文」があります。

成行注文は「いくらでもいいから◯株欲しい」という量を優先する注文方法です。
ほとんどの場合、約定となりますが購入金額が高くなりがちなので注意しましょう。

指値注文は「◯円で◯株欲しい」という金額を優先する注文方法です。
指定した金額にならない限り約定しないので、欲しい株がなかなか買えない場合もあります。

状況に合わせてこの2つの注文をうまく使い分けましょう。

基礎知識|そもそもなぜ株式は発行されるのか

そもそも株式投資という仕組みが社会に存在している理由についてもおさらいしておきましょう。

企業は株を発行して経営資金を調達する

企業はなぜ上場するのでしょうか。その理由は主に3つあると言われていてます。

  1. 事業活動の資金調達のため
  2. 社会的信用の向上のため
  3. 知名度アップのため

いずれも会社を大きくするために重要な要素で、上場を目指している会社は多くあります。

取引所に上場した株しか買えない

企業が上場し、株式が取引所で扱われるようになって初めて私たちはその株式を売買できるようになります。日本国内の主な証券取引所は4つあります

取引所 特徴
東証一部 国内外に代表する大企業、中堅企業が上場し、最も上場条件が厳しい取引所。
東証二部 東証一部に上がる前の準備段階ともいえる。一部上場を目指す企業はまずは二部上場を目指す。
マザーズ 新興企業やベンチャー企業向けの取引所。「マザーズに上場して10年を経過すると東証2部に上場できる」という特別なルールがある。
JASDAQ 成長企業向けの取引所。さらに一定の事業規模と実績が必要な「スタンダード」、赤字でも特色のある技術やビジネスモデルがあれば上場できる「グロース」の2つに分かれている。

株式購入を検討する際、どの取引所から購入すればいいかなどの正解はありません。安定して長期で持ちたい人は上位企業、より大きな儲けを狙いたい人はマザーズやJASDAQから企業を選ぶといいでしょう。

この記事のまとめ

株の利益が発生する仕組み、株価の仕組みは覚えてしまうと意外とシンプルです。本格的に運用を始める前に、この記事で説明したような基礎知識をしっかりと理解しておきましょう。

関連記事

少額資金での株の始め方と資金別の株取引

株初心者向け用語集 株式投資に必要な基礎知識

株の初心者に「ナンピン買い」が危険な理由とは?

株初心者でも簡単!? ETF(上場投資信託)の3つの魅力とは?

初心者向け|株の分析の基本知識