株のローソク足とは?種類と見方・チャート分析の基礎を解説

更新

「ローソク足の見方が分からない…」

「ローソク足ってどういうときに使うの?」

株を始めるに当たって、チャートの見方を知っておくと人より有利に株の売買が行えます。まず覚えたいのは株価を表すローソク足チャートです。基本中の基本とも言えるこのチャート、読み方は単純なのですぐに覚えることができますよ。ここでは基本的なローソク足の仕組みや見方についてご説明します。

  • ローソク足は株価チャートの一部、1日の値動きを表したもの
  • 株価が上昇して終わった場合はローソク足は白色もしくは赤色
  • 株価が下落して終わった場合、黒色もしくは青色
  • 実体部分とヒゲの長さ、位置によって読み取れるサインが異なる

ローソク足とは?

株価チャートをよく見ると、ローソクのような形をしているものが並んでいます。これを「ローソク足」と言い、1本のローソク足を見れば1日の値動きが分かるようになっています。

ローソク足の定義と使用シーン

ローソク足とは株価チャートの一部で、一定期間の株価の動きを図形で表したものです。始値から終値までの動き、高値、安値が一目で分かります

ローソク足チャートは期間で分かれた「日足」「週足」「月足」「年足」の4種類があり、ローソク足はそれぞれの期間における4つの価格を表しています。表している価格は相場が始まった時の価格である「始値」と終わった時の価格である「終値」、その期間中に最も高い値段をつけた「高値」と最も安い値段をつけた「安値」です。

デイトレードをする場合には日足、大きなトレンドをつかむ場合には週足、月足を利用します。

初心者はどの程度覚えるべきか

初心者はまずローソク足を見て、「終値は始値より高かったのかもしくは安かったのか」がぱっと見て判断できるようになりましょう。次に始値、終値、高値、安値のそれぞれの値段がそれぞれわかるようになれば基本は十分です。ローソク足が読めなくても売買はできますが、見方に慣れてくると、ローソク足の形から、「買いたい人が多いのか少ないのか」「トレンドが変わるタイミングかどうか」なども読み解けるようになります。

配当金通知メールサービスとは?
配当金の入金をメールでお知らせするサービスのことです。例えば、楽天証券では入金がある日、朝7時頃に配信されます。定期的に入金があったのかどうかを確認しなくてもいいので、ぜひ使いたいサービスですね。

楽天証券の詳細を見る

ローソク足の基本的な見方|長さや色の違いが意味するもの

まずローソク足は陽線と陰線の2つに分かれます。始値より終値が高い価格で終わった場合、つまり、株価が上昇して終わった場合はローソク足は白色もしくは赤色となり陽線となります。始値より終値が安い価格で終わった場合、つまり、株価が下落して終わった場合、黒色もしくは青色となり陰線となります。

ローソク足は3つのパートに分かれ、中心の長方形の部分を実体と呼び、上下の線の部分をそれぞれ上ヒゲ、下ヒゲと呼びます。実体部分は始値と終値を表し、上ヒゲの先は高値、下ヒゲの先は安値を表しています。陽線は、始値より終値の方が高く終わった場合なので実体の頭が終値、お尻の部分が始値となり、陰線の場合はその逆となります。

ローソク足の形状別に見る売り買いのサイン

実体とヒゲの部分からなるローソク足ですが、買い圧力や売り圧力の強さからその形が変化します。まずは実体部分を見てみましょう。

陽線の場合、買いの勢いが強ければ実体部分がより長く、弱ければ短くなります。陰線の場合は買いではなく売りの勢いの強さによってその長さが変わります。

次にヒゲの部分をみてみましょう。上ヒゲが長ければ、一時は買いが多く上昇したものの、売り圧力が強かったために押し戻されてことを意味します。反対に下ヒゲが長いということは一時は売りが多く大きく値下がりしたものの、買い圧力が強く押し戻されたことを意味します。以下に代表的なローソク足の形をまとめたのでぜひ参考にしてください。

上昇気運を表すローソク足

ローソク足 サイン
始値から大幅に下落するが、最後少し買いが入ったため終値が最安値より少し上昇して引ける形。上昇する可能性がある
下ひげの長い陽線のこと。株価が大幅に下がるがそのあと買い戻されて始値より高い価格で終わった。株価上昇を暗示する
下ひげの長い陰線のこと。株価が大幅に下がるが、その後買いが強くなりやや持ち直した。底値で現れると上昇のきっかけと見ることができる
始値が最安値、終値が最高値の形。上ヒゲも下ヒゲもつかずに終わった。さらなる上昇が期待できる
上ヒゲのない陽線。始値から値を下げたが最後は始値より高い値段をつけて終わった。さらなる上昇が期待できる

下落気運を表すローソク足

ローソク足 サイン
下ヒゲのない陰線のこと。始値から少し買われたものの結局は押し戻され安値と終値が同じになってしまった。弱気な相場を表す。 
下ヒゲのない陽線のこと。寄付から順調に買われ、最後は少し売られて終わった。上昇相場での警戒感を表す
株価が大幅に上昇するが終値が始値よりやや高いところで引ける形。上昇相場が調整に入ることが多い
株価が大幅に上昇するが、始値より安い値段で終わってしまった下ヒゲがない陰線。下落を暗示するサイン

停滞を表すローソク足

ローソク足 サイン
小影線が上下のひげに比べて短い。株価が上がるのか下がるのか探っている停滞のサイン。 
小影線が上下のひげに比べて短い。株価が上がるのか下がるのか探っている停滞のサイン
始値と終値が同じ価格だった時に現れる。停滞のサイン

転換を表すローソク足

ローソク足 サイン
実体が短く、実体より3倍以上長い下ひげがついた陽線。これが出ると相場反転の場合が多い。底値圏で出ると買い場のサイン。上昇トレンドで出ると逆に反落のサインとなる。 
始値より大きく上昇したものの、売り込まれて始値より安値で引けた形。長い上ヒゲと短い胴体が特徴。相場反転を意味し、高値圏で出ると下落トレンドに転じる合図。
株価が大きく上昇したものの、終値が始値より少し上で引けた形。長い上ヒゲと短い胴体が特徴。相場反転を意味し、高値圏で出ると下落トレンドに転じる合図。
実体が短く、実体より3倍以上長い下ひげがついた陰線。これが出ると相場反転の場合が多く底値圏で出ると買い場のサイン。上昇トレンドで出ると逆に反落のサインとなる。
始値と終値が同じ価格だった時に現れる。これが出ると相場反転の場合が多く底値圏で出ると買い場のサイン。上昇トレンドで出ると逆に反落のサインとなる。
始値と終値が同じ価格だった時に現れる。相場反転を意味し、高値圏で出ると下落トレンドに転じる合図。

ローソク足の表す値動きを理解しよう

以下の1~4のローソク足からわかる株価の動きは、a~dのどれに当てはまるでしょうか、
a~dの説明を参考に、選んでみましょう。

a)寄り付き後、少し買われたが売り圧力が強く、その後大きく売り込まれて安値を付けて引けた。

b)寄り付きから株価は上がったり下がったりのもみ合いだった。最終的に始値と同じ価格で引けた。

c)寄り付きから順調に買われ、その後一度も大きく売り込まれることなく順調に株価を上げて引けた。

d)一時期大きく値を下げたが、その後買い戻され始値より高い価格で引けた。底値圏で出ると買い場であることが多い。

答え

この記事のまとめ

チャート分析に慣れていない初心者は、まずはローソク足を見て1日の株価を把握できるようになりましょう。ローソク足を読み取れなくても売買はできますが、移動平均線と同じくチャート分析の基礎となりますので、読み取れる内容を少しずつ増やして売買に生かしていきましょう。

関連記事

株の初心者に「ナンピン買い」が危険な理由とは?

株初心者でも簡単!? ETF(上場投資信託)の3つの魅力とは?

初心者向け|株の分析の基本知識

株初心者が損をしないための株の売り方を解説

初心者が株を買うべきタイミングとは?