証券会社のNISA口座おすすめTOP3 失敗しない選び方とQ&A

「NISA口座をつくるなら証券会社と銀行のどっちがいいの?」
「通常NISAとつみたてNISAはどっちがいいの?」

NISAで株を始めたいと思っても「銀行にするのか証券会社にするのか」「通常NISAにするのかつみたてNISAにするのか」を選ばなければなりません。

この記事では、開く口座の選び方や、通常NISAとつみたてNISAのどちらを選ぶ方がよいかを解説しています。
また、NISAにおすすめの証券会社もご紹介しています。

  • NISAを開く口座は取扱商品や手数料で選ぶ
  • NISAとつみたてNISAはどちらかしか開けない
  • NISAにおすすめの証券会社は楽天証券SBI証券マネックス証券
証券会社名 NISA つみたてNISA
楽天証券 投資信託の種類が豊富 クレカで積立可

詳細

SBI証券 IPOにも対応
海外株が豊富
積立は毎日や毎週も可

詳細

マネックス証券 ETFも含めた海外株の購入手数料が実質0 100円から積立可
ポートフォリオ分析ができる

詳細

銀行でもNISAはできるがおすすめはネット証券会社

投資の非課税制度であるNISAですが、証券会社だけでなく、銀行でも口座開設することができます。

これからNISA口座を開設するなら、ネット証券がおすすめです。

  証券会社
ネット 店舗型 銀行
取扱商品
本数
利便性

銀行と証券会社の最も大きな違いは取扱商品の充実度と取引の利便性です。証券会社の中でも、店舗型ではなくネット証券会社は特に利便性に優れています。

さらに詳しく比較していきましょう。

メリット デメリット
銀行のNISA口座 NISA口座への入出金に手間がかからない
ATM手数料無料などの特典がついてくることがある
株式の個別銘柄が買えない
証券会社のNISA口座 NISA口座で買える銘柄が多い
口座開設手続きや運用がカンタン
NISA口座への入出金がやや複雑
※関連銀行との連携ができる証券会社もあり

銀行のNISA口座で買える商品はほとんどの銀行で株式投資信託のみなので、個別株を買いたい方には向きません。しかし、証券会社でNISA口座を開けば、国内株式はもちろん、外国株やETF、IPOを買うこともできます。

入出金に関してはやはり銀行のほうが簡単にできますが、証券会社でも銀行との連携サービスを行っているところがあるので非常に便利です。

NISA口座におすすめのネット証券会社はこちら

NISA取引をするためのネット証券会社の選び方

ネット証券だからといって、どこでも良いのかというとそうではありません。ネット証券の選び方をご紹介します。

NISA口座を選ぶ2つのポイント

  • 手数料は安いか
  • 取引できる商品数が多いか

ネット証券会社では、多くの証券会社でNISA取引の手数料が無料となっていますがすべてではありません。検討している証券会社のNISA取引手数料はきちんと確認しましょう。

また、NISA対応の商品をどれだけ取り扱っているかも重要です。証券会社によって取り扱い商品の種類も数も異なります。取引数量の多いネット証券を選ぶようにしましょう。

各社のNISA取引の手数料と取扱商品数を比較してみました。

証券会社 通常NISA つみたてNISA
手数料 取扱取引所 IPO 海外株 投資信託手数料 インデックス型投信 アクティブ型投信
SBI証券 無料 東証・名証・福証、札証 米国、中国、韓国、ロシア、アセアン 無料 115 11
楽天証券 無料 東証・名証 × 米国、中国、アセアン 無料 112 11
マネックス証券 無料 東証 米国、中国 無料 99 10
松井証券 無料 東証・名証 × 無料 63 7
GMOクリック証券 無料 東証 ×
岡三オンライン証券 有料 東証・名証・福証、札証 ×
ライブスター証券 有料 東証 × × 有料 1

おすすめの通常NISA口座トップ3

それでは、おすすめのネット証券を通常NISAとつみたてNISAにわけてご紹介します。

通常NISAとつみたてNISAの違いは?

対応取引所数が最も多いSBI証券

通常NISAでもっともおすすめなのがSBI証券です。

対応取引所数が多いため、NISAで購入できる選択範囲が広いのが特徴です。また、売却時に手数料が必要ながら海外ETFの取り扱いも豊富で、様々な取引が可能です。さらにNISAでのIPO対応も行っています。

SBI証券の主な特色

  • ネット証券会社で対応取引所数がもっとも多い
  • 国内株の売買手数料が無料
  • 海外ETFの買付手数料が無料
  • 海外株も豊富

中国株、米国株も視野に入れているならマネックス証券

海外ETFを含む海外株が実質的に無料なのは、他にはないマネックス証券のメリットです。

米国株や中国株などの海外株の取引を視野に入れているのであれば、SBI証券よりもマネックス証券のほうがお得です。

マネックス証券の主な特色

  • 国内株の売買手数料が無料
  • 海外株(海外ETFを含む)は購入時の手数料が全額キャッシュバック

国内現物は無料の楽天証券

楽天証券は、特に海外株の取り扱いに特徴があります。米国株などのメジャーなものから、中国やアセアン各国など、他ではあまり取り扱っていないような海外銘柄まで多岐にわたっています。

楽天証券の主な特色

  • 国内株の売買手数料が無料
  • 海外ETFの買付手数料が無料
  • 海外株の取扱銘柄数が多い
  • 投資信託のラインナップが多い

証券会社の総合比較ランキングも参考にしてみてください。

おすすめのつみたてNISA口座トップ3

取扱商品が最も多いSBI証券

つみたてNISAにおいてももっともおすすめなのは、通常NISA同様、SBI証券です。

毎月ごとではなく、毎週や毎日の積み立ても可能です。さまざまな積立スタイルで投資することができるのがポイントです。

  • 取扱商品数が多い
  • 100円から積立が可能
  • 投資スタイルが豊富(毎週、毎日積み立て可)

最低購入額が100円からの楽天証券

楽天証券はSBI証券に次ぐ取扱数で、インデックス型投信112本、アクティブ型投信11本となっています。また、SBI証券と同様に100円からの少額投資が可能ですので、気軽につみたてNISAを始めることができます。

投資代金は楽天カードで支払うことができるのもポイントです。2018年春からは、楽天スーパーポイントでの支払も可能となっています。

  • 取扱本数がSBI証券に次いで多い
  • 少額つみたてNISAができる
  • クレジットカードを通じて投資が可能

少額で始められるマネックス証券

マネックス証券は、インデックス型投信が99本、アクティブ型投信が10本と比較的取扱商品数が多いです。100円から投資ができ、総合口座であっても比較的手数料が安いため、気軽につみたてNISAを始めることができます。

  • 取扱商品数が多い
  • 総合口座での取引でも手数料が安い

NISA口座を開設するには?

NISA口座の開設までの流れ

NISA口座開設方法をご紹介します。

  1. NISA口座開設の書類を請求(5日~6日)
  2. 書類の提出
  3. 証券会社が申請をし、税務署がチェック(1~2週間)
  4. 証券会社から口座開設の連絡がある

NISA口座の変更ってできますか?

NISA口座を開く金融機関は1年ごとに選び直すことができます。 ただし、保有している株式は5年経過後の延長(ロールオーバー)はできなくなることが特徴です。

変更可能な期間は?

例えば2019年から変更したい場合は、2018年10月1日~2019年9月30日までとなります。この期間内に変更先と変更元の両方の金融機関で手続きを行ない、完了する必要があります。

変更の仕方は?

  1. 現在NISA口座を開いている金融機関に「金融商品取引業者等変更届出書」を提出したのち「非課税管理勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」を送付する
  2. 新たにNISA口座を開設する金融機関に「非課税口座開設届出書」を提出し1の「非課税管理勘定廃止通知書(非課税口座廃止通知書)」も添付
  3. 新たにNISA口座を開設する金融機関が税務署への申請手続きを行ないます

少し複雑な場合は、コールセンターなどで質問するとよいでしょう。

NISAでよくあるQ&Aまとめ

NISAでよくある疑問についてお答えします。

5年間の期間が終わったら保有株はどうなる?

期間をさらに5年間延長(ロールオーバー)することができます。非課税期間の5年を過ぎたときは、新たにNISA口座に入れ直して非課税のまま株を持つか、売ってしまうか、非課税ではない特定口座(一般口座)に移すかを決めます。

通常のNISAで買った株が値上がりして120万円以上になったら?

120万円以上になっても問題はありません。購入できる金額が120万円という意味です。値上がりしても、運用を続けることができます。

通常NISAで株を買っても株主優待は受け取れますか?

はい、受け取れます。株主優待のある株をかった場合には、通常通り受け取ることができます。

そもそもNISAとは?

NISAとは、少額投資非課税制度の愛称です。本来約20%の税金がかかる株式の利益が非課税になる、という制度です。証券会社や銀行などの金融機関でNISA口座を開設して投資をします。

株式における利益とは

株式の利益には譲渡金(株の売買益)と配当金と呼ばれる利益があります。配当金とは、会社が稼いだ利益を株主へ還元するものです。
NISAでは譲渡金・配当金のどちらも非課税となります。

NISAを詳しく!大切な3つの基本

NISAの大切な3つの基本を解説します。

  1. 非課税枠は年間120万円
  2. 利用可能な期間は5年間
  3. NISA口座は1人1口座

非課税枠は年間120万円

1年間で非課税になる投資額の上限は120万円です。上限ですので、120万円の非課税枠を使い切る必要はありません。しかし、未使用の非課税枠は翌年に繰り越すことはできません。

利用可能な期間は5年間

新規株の購入と非課税の期間は5年間です。しかし、株の購入はできませんが、保有はさらに5年間(ロールオーバー)できます。ただし、金融機関は変えることができないという点に注意しましょう。

NISA口座は1人1口座

NISAではNISA口座の開設が必要で、1人1口座と決まっています。税務署が関与しているため、複数は開設できない仕組みです。

3つの基本は通常NISAの内容です。NISAにはつみたてNISAと呼ばれるものもあります。 通常のNISAとの違いとは何でしょうか。

通常NISAとつみたてNISAの違いとは?

NISAには、通常のNISA・つみたてNISAというものがあります。違いは大きく3つです。

  1. 非課税枠の金額
  2. 利用可能な期間
  3. 投資できる商品

注意しなければいけないのは、通常NISAとつみたてNISAの口座を両方もつことはできないことです。相違点を知った上で、どちらかを選びましょう。

  NISA つみたてNISA
年間投資上限 120万 40万
利用可能な期間 5年間
(さらに5年の延長可)
20年間
投資できる商品 上場株式・株式投資信託
ETF・REIT
株式投資信託・ETF
払い出しの制限 いつでも売却のうえ払い出しできる

つみたてNISAでは、おもに投資信託が取引商品です。非課税対象となる利益は譲渡金と分配金です。

分配金とは

資産総額から分配した資産を投資信託保持者へ支払うお金です。配当金と異なるのは、分配金が減る=資産額が減るのことなので株価へ直接的な影響を与えるという点です。

NISAは2種類あり、それぞれ対象となる範囲が異なるんですね。そんなNISAのメリット・デメリットとは一体何でしょうか。

NISAのメリット・デメリット

まず、NISAのメリットとは何でしょうか?ご説明します。

NISAのメリット

NISAのメリットをご紹介します。

  • 通常NISAでは最長10年つみたてNISAでは最長20年も非課税
  • 保険とは違い途中売却が可能なため必要に応じて手元にお金を戻すことができる

NISAのデメリット

次に、NISAのデメリットをご説明します。

  • 少し制度が複雑
  • 課税口座とNISA口座との損益通算はすることはできない
損益通算
複数口座を持っている場合に利用できるメリットです。損をしている口座と利益が出ている口座を相殺させることができます。これによって、損で利益が減ることで通常かかってしまう税金を抑えることができます。

制度を理解して、通常NISAとつみたてNISAどちらにするかが決まったら、どこに口座を開設するのかという部分をみていきましょう。

この記事のまとめ

  • NISAは通常NISAとつみたてNISAのどちらかを選ばなければならない
  • 商品が豊富でどこにいても取引ができるネット証券がおすすめ
  • おすすめのネット証券はSBI証券 ・マネックス証券・楽天証券の3社

関連記事

大手店舗型証券会社とネット証券をランキングで比較

証券会社5社の今月のキャンペーン一覧!新規口座開設などがお得

取引ツールはどれが良いの?証券会社厳選4社のおすすめツールを紹介

証券会社の信用取引 手数料と審査でオススメ5社比較

初心者におすすめのネット証券会社の選び方!口座開設5社比較