株の初心者に「ナンピン買い」が危険な理由とは?

手持ち銘柄の株価が下がったとき、あなたはどのように行動しますか?

  1. 「今は我慢のとき。株価が戻ってくるまで待とう」
  2. 「このまま下がり続けたら大損だ。さっさと売ろう」
  3. 「安く買えるチャンス!買い足そう。株価が戻れば儲けがでるぞ」

株初心者が絶対に選んではいけない選択肢が3です。
株価が下がったときの買い足しは「ナンピン買い」という投資行動にあたります。

買った銘柄の株価が下がったときは、早めに売って損失を最小限にとどめること。株初心者にとって「損を小さくする」ことは、利益獲得を目指すうえで大切なスキルとなります。

  • ナンピン買いとは株価の値下がり時に株を「買い増す」投資手法。
  • 一度下がった株が、反発して値上がりすることで、ナンピン買いは効果を発揮する。
  • ナンピン買いは、ともなうリスクが高いため、初心者にはおススメできない。

ナンピン買いとは何か

「ナンピン買い」とは、買った株が値下がりしたときに、さらに株を買い増すことで、「平均購入単価(平均取得単価)」を引き下げることを目的とした投資手法です。
平均購入単価は、「1株あたりの購入金額」を示す平均価格を指します。

平均購入単価=株の購入に支払った総額÷株数

たとえば、1株1,000円の株式を100株買ったときの平均購入単価は、10万円÷100株で1,000円(※)となります。

1,000円で100株買ったあと、株価が200円まで値下がりしてしまったとします。
ここでさらに100株買い増す「ナンピン買い」をすれば、平均購入単価は[(10万円+2万円)÷200株]で平均購入単価は600円(※)となります。

こうすれば、1,000円で100株購入したときより平均購入単価を400円引き下げられ、株価が600円まで回復すれば損をせずに済みます。
(※)手数料を除く

初心者にナンピン買いがおススメできない理由

株式投資初心者に、平均購入単価を下げるためのナンピン買いはおすすめできません。その理由は、以下の通りです。

ナンピン買いはハイリスク・ハイリターン

ナンピン買いの注意点として「株を買い増したあとに、株価が下がり続けたときの損失が大きくなること」が挙げられます。

たとえば購入価格1,000円で買った株が、800円まで値下がりし、その後さらに200円まで下降したところで売却したと想定します。

ナンピン買い無し 売値2万円(株価200円×100株)-買値10万円(平均購入単価1000円×100株)=損失8万円
ナンピン買い有り 売値4万円(株価200円×200株-買値18万円(平均購入単価900円×200株)=損失14万円

上記の例だと株が一度800円まで下がったときに、追加で100株買い増す「ナンピン買い」をした時のほうが、ナンピン買いをしていなかったときと比較して、より多くの損失を出してしまいます。

つまり、ナンピン買いは株価が下がり続ける限り、傷口(損失)を広げ続けてしまう、ハイリスク・ハイリターンな行為なのです。

ナンピン買いには相場の予測が必要

リスクの高いナンピン買いをあえて選択するのは、どんな時でしょうか?
株式投資の上級者は、株式の中長期運用時にあらかじめシナリオを設定し、「この株価を下回ったらナンピン買いをする」と事前に決めたうえで、投資戦略としてナンピン買いを実行します。

たとえ実際に株価が下がっても、投資家同士の需給(買い&売り)バランスやチャートを慎重に見て「この値段からは反発して株価が上昇する」という予測ができなければナンピン買いは難しい取り引き方法です。

株式投資初心者においては、長期的な株相場の予測ができないうちは、損失を広げる可能性が高いナンピン買いはおススメできない手段といえます。

ナンピン買いの成功パターンとは

初心者へはおススメできない手法として紹介したナンピン買いは、値下がり時に買い増した銘柄の株が、再び上昇したときに限り、利益が出る買い方です。

たとえば1,000円で買った株が、200円まで値下がりし、その後1200円まで上昇したところで売却した、と想定してみましょう。

ナンピン買い無し 売値12万円(株価1200円×100株)-買値10万円(平均購入単価1000円×100株)=売却益2万円
ナンピン買い有り 売値24万円(株価1200円×200株-買値12万円(平均購入単価600円×200株)=売却益12万円

以上の例だと、株がいちど200円まで下がったときに、追加で100株買い増す「ナンピン買い」をしていたときのほうが、ナンピン買いをしていなかったときと比較して、多くの売却益を手にすることができます。

株価が下がったとき、初心者はどうすればいい?

株価が落ちたときは、ナンピン買いで利益を狙うのではなく、株を「売る」ことで損を最小限にとどめる意識が株初心者にとって大切です。

慣れないうちは「損切り」で危機回避

1,000円で買った株をひとつ持っていて、その株が900円に値下がりしたとき、あなたは100円の「含み損」を持っていることになります。

含み損は「いま売れば確定する損」を意味しています。
ふたたび株価が上がり、利益が出るまで待つのではなく、含み損が出ている株を思い切って売ることを「損切り」といい、上の例だと900円に値下がりした時点で株を売り、100円の損失を確定させることが株初心者にとって大切な考え方だと言えます。

その理由として、投資家心理があげられます。

まずは「どちらの状況が株を売りにくいか?」について考えてみましょう。

  1. 1,000円の株が900円に値下がりし、100円の含み損が出ている
  2. 1,000円の株が100円に値下がりし、900円の含み損が出ている

上記の状況を比較すると、2は売った時点で投資額の90%を失う損失を出しますが、1だと10%の損失におさえられます。

また、2の状況に近づくほど「売れば投資した金額の多くを捨てることになる。ふたたび株が上がるのを待つしかない」という心理となり、売るに売れない状況が続くことを「株を塩漬けにする」とも言われています。

株の「塩漬け」を回避するためにも、株式投資においては、売買で利益を出すことと同じくらいに「損失を最小限で抑えること」が重要なのです。

マイルールの設定

どのタイミングで損切りをすればいいか、あらかじめマイルールを設定しておけば「いずれ株価が上がるはず…」といった欲に左右されず、損失を抑えることが可能となります。

たとえば、1株1,000円の株式を100株買った時点で「10%株価が下がったら損切り、30%株価が上がったら利益確定」などのマイルールを設定することで、売却のタイミングを逃さずに運用することが可能となります。

株初心者におすすめできる株の買い方

ナンピン買いや損切りは、株を買ったあとに検討する投資行動ですが、株を買う前の判断、つまり株の買い方を見直すことで、株価下落の影響を受けにくい状況での利益獲得を目指すことも可能です。

配当益狙いで株を買う

配当益(インカムゲイン)狙いとは、企業が出す業績に応じた配当金の分配を受け取ることで長期にわたって利益を得る方法です。

ナンピン買いや損切りは、株価の上下に応じた売買益(キャピタルゲイン)で利益を得ることを目指すうえでの手段ですが、配当益狙いでは5年~10年の運用期間を想定するため、短期的な株価の上下を気にせずに運用でき、日々の相場予測が不要なため、投資経験の浅い株初心者にもおすすめできます。

配当益とあわせて、株を持っているだけで商品やサービス券などが受け取れる株主優待を活用すれば、利益を狙いつつ株式投資を楽しむことができます。

配当益(インカムゲイン)についての解説記事はこちら

株主優待についての解説記事はこちら

分散投資でリスク管理

ひとつの銘柄に集中して投資すると、株価が急落したときに大きな損失を被ってしまいます。
さまざまな業種・業界の銘柄や、海外株式、外貨などへの分散投資をおこなうことで、特定銘柄の好不調に左右されず、トータルでの利益を目指すことができるため、分散投資も株初心者向きの手法といえます。

分散投資をするうえで、初心者でもはじめやすい金融商品が「投資信託」や「ETF」です。
どちらも個別に株式を買うよりも小額で始められ、複数銘柄の値動きをまとめた商品にも投資できる=分散投資が自動でおこなわれることで、投資先それぞれの管理が不要となり、投資家の負担が減ります。

またETFでは、日本を代表する225社の平均株価で構成される「日経平均株価」の指数に連動する銘柄があり、値動きが急騰&急落しないことから長期投資での資産形成に向いているため、初心者におススメです。

投資信託についての解説記事はこちら

この記事のまとめ

ナンピン買いは、値下がりした株をあえて買い増して、ふたたび株価が上昇したときに利益拡大を狙う手法ですが、意図に反して株価が値下がりしたときには、損失も大きくしてしまう「諸刃の剣」といえます。株式投資の取引に慣れないうちは、損切りでリスク回避をするか、買い方の見直しを検討しましょう。

関連記事

少額資金での株の始め方と資金別の株取引

株初心者向け用語集 株式投資に必要な基礎知識

株初心者でも簡単!? ETF(上場投資信託)の3つの魅力とは?

初心者向け|株の分析の基本知識

株初心者が損をしないための株の売り方を解説