少額資金での株の始め方と資金別の株取引

「株投資に興味はあるけれど、失敗したらお金なくなっちゃうし…」
「そもそも大金は持ってないし、少額からでも始められるの?」

株を買うのに必ずしも大金はいりません。
むしろ初心者は、まず少額から始めて投資に慣れるところから始めましょう。

この記事では、お手持ちの資金に合わせ1,000円から挑戦できる株投資の始め方をご紹介します。

  • 初心者は少額での投資から始めるのが鉄則
  • ワンタップバイ(One Tap BUY)というスマホアプリなら1000円から取引できる(有名企業にも投資が可能)
  • 少額取引をする初心者におすすめの証券会社は楽天証券

株初心者向け|金額別始め方(1,000円、1万円、5万円、10万円、30万円)

少額から始めるといっても、金額によって実際の投資の仕方は変わってきます。
投資にかける金額「1,000円/1万円/5万円/10万円/30万円」ごとに、どのように始めればよいかを見てみましょう。

1000円~ワンタップバイ

ワンタップバイ(One Tap BUY)は、スマホでの株取引に特化した証券会社で、1,000円から株取引が始められることが特徴です。
そもそも株取引は、株を購入するとき「単元株」と呼ばれるまとまった株数ごとに取り引きしなければなりませんでした。

しかしワンタップバイなら単元株ごとではなく、投資したい金額ごとの取引ができます。最少1,000円から株式を購入することができ、誰もが知っている有名企業への投資も可能です。

1万円~ミニ株

単元株ごとの売買しかできなかった株取引を、単元株未満の株数でも取引できるようにしたのがミニ株と呼ばれる仕組みです。

少額での投資が可能なので、損失を出した場合も少額で済みます。そのため、まだ資金が少なく、株投資の経験を積みたい初心者にも向いています。

証券会社によってはミニ株の取扱いがなかったり、注文方法が限られていたり、株主優待に関して制限があったりするので、取引条件についてよく確認しましょう。

5万円~株主優待株

5万円程度の資金を株取引に使える場合、単元株ごとの取引にも挑戦できるでしょう。この資金で取引ができるのは、株価水準が低い「低位株」と呼ばれる銘柄が中心です。

低位株で株価が安くても、単元株分買えば当然株主優待を受け取ることができます。
ですから、低位株は「少額の投資で株主優待が受けられる」という意味で、メリットが大きいのです。

企業側も「長期にわたって株式を保有してもらい、株価を安定させたい」という思いがあるため、株主優待を充実させています。経営と株価が安定した状態が続けば、中長期的には株価が値上がりしていく可能性もあります。

低位株を選ぶなら、株主優待の内容と企業の経営状態や不祥事の有無などをチェックし、安全性の高い銘柄を選びましょう。

10万円~株価が安めの国内株、など

10万円程度の資金を株取引に使える場合は、中長期的に値上がりしていきそうな魅力ある銘柄への投資も視野に入れることができます。

投資初心者にぜひ知っておいていただきたい投資格言として「遠くのものは避けよ」という言葉があります。あまりなじみのないものに投資するのは良くないという意味です。

まったく知らない、会社の経営情報もあまり入ってこないような銘柄を初心者が選ぶと、株価が急落する前兆に気づくことができず、資産を失ってしまうという可能性も出てきます。

資金に余裕があったとしても、投資経験が浅いときは「まず、よく知っている企業の株を取引する」ことが大切です。

そのため、株価が安めで、安定した経営を続けている国内企業の株式を購入することから挑戦しましょう。

30万円~購入できる株の選択肢が広がる

30万円を株取引に使うことができるとなると、かなり銘柄の選択肢が広がります。

現在は株価が安くても、何かのきっかけで急上昇していくという銘柄もあるのですが、急上昇した株価は急に下落することも多いものです。
投資初心者には、その見きわめが難しく、「成長を見込んで買った株が、3日後には急落する」などの可能性すらあります。

それよりも、値動きが安定していて大幅な下落がない銘柄を中長期の保有を前提に選ぶのがよいでしょう。

初心者が株で損をしないためには、どうしたらいい?

株投資の経験が浅く、資金もまだ豊富ではない投資初心者が利益を上げるために必要な心構えを確認しましょう。

初心者が利益を上げるための心構え

  1. 損切りのルールを必ず決める
  2. 少額の投資から始める
  3. 投資する銘柄を分散させる
  4. 長期保有を前提にする

1.損切りのルールを必ず決める

株投資でもっとも避けたいことは「保有している株式の株価が予想より下がったので、上がるのを待とうと思っているうちに、取り返しがつかないレベルまで株価が下がり、ますます株式を手放すことができなくなってしまう」という状況です。

損失ができるだけ少ないうちに株式を手放し、それ以上に損失が拡大することを防ぐことが資金を失わず、株取引を続けていくためには重要です。

「この銘柄は○○円まで下がったら手放す」
「投資用の資金が○○円を下回りそうなら、保有している銘柄を手放す」
など、損切りのルールを必ず決めておきましょう。

2.少額の投資から始める

資金がまだ豊富でない時期は、少額のみを投資することから始めましょう。万が一、投資した企業が倒産して、株式の価値が0になった場合でも、もともと少額しか投資していなければ、損失も少額で済みます。

ただし「少額とは、いくらのことか?」は、投資家の資産状況や経済状況によって異なります。

少なくとも、生活に必要な資金や収入を確保したうえで、自由に使ってよいお金がどのくらいあるかを具体的に計算しましょう。
自由に使えるお金のなかでも、ほかの趣味などにかけるお金を確保したうえで、余裕がある資金の範囲内で株取引に挑戦するとよいでしょう。

3.投資する銘柄を分散させる

資金を1銘柄に集中して投資すると、その銘柄が暴落したとき投資家の損失が大きくなります。

資金を少額ずつに分け複数の銘柄に投資した場合は、そのうち1つの銘柄が暴落した場合でも損失が少なくて済みます。また、ほかの銘柄が値上がりしているなどの条件があれば、損失をカバーすることも可能かもしれません。

一度に資金を失ってしまうリスクを避けるためにも、投資する銘柄を分散させるとよいでしょう。

4.長期保有を前提にする

投資初心者にとって、数秒から数分の短時間に銘柄の値動きを予測し、投資判断を次々と行っていく方法は、難易度が高いです。

それよりも、企業の成長性や将来性、資産状況や事業展開に注目して購入する銘柄を選び、企業が経営計画に沿って成長を遂げ株価が上昇することを待つ、という投資方法のほうが初心者には向いています。

企業が成長を遂げるには、2年から3年といった長い時間がかかります。投資家も、長期間株式を保有する覚悟をし、企業の状況についても投資家向けの資料などで確認しながら見守っていきましょう。

リスクの少ない株初心者の始め方についてさらに詳しく見る

少ない資金で株を始めるときのコツは?

株投資で利益を上げるには、「成長企業に投資すること」「株価が上がりそうな銘柄を見きわめること」が大切です。初心者にもわかりやすい、有望銘柄の探し方をご紹介します。

初心者向けの有望株の特徴

  1. 売上と利益が前年度比で10%の増加
  2. PERが15以下
  3. PBRが1未満

1.売上と利益が前年度比で10%の増加

これから株価が上昇する企業とは、成長を続けていて、黒字幅が拡大している企業のことです。

企業が公開している「損益計算書」を確認しましょう。そのなかで「売上」「利益」の数値が、前年度に比べて10%以上増加している企業は、株価も上昇していくことが期待されます

ただし、売上と利益のうち、一方の数値だけでなく、両方の数値とその伸び率を必ず確認してください。

たとえば、売上が伸びていても、莫大な経費がかかっている場合は、利益の伸び率が抑えられます。また、利益が伸びていても、それが強引なリストラや、経費の削減などの手法でもたらされたものならば、売上の伸び率は低いでしょう。

売上と利益、両方の数値と伸び率の推移を確認してはじめて、企業の状態がわかります。

2.PERが15以下

PER(Price Earnings Ratio, 株価収益率)とは、株価が収益力の何倍にあたるかを表す指標です。

PER=株価÷1株あたりの純利益(EPS)

「投資した資金を何年で回収できるか」を予測するための数値と考えるとわかりやすいでしょう。

PERが10の銘柄を購入した場合、その企業が同じ純利益を上げ続ければ、10年間で投資した金額を回収することが可能です。
一方でPERが20の銘柄の場合は、回収までに20年かかる計算になります。

東証一部に上場している銘柄の平均PERは15程度といわれており、それよりPERの値が低い銘柄は購入するメリットがあると考えられます。

3.PBRが1未満

PBR(Price Book-value Ratio, 株価純資産倍率)は、次の計算式で求められます。

PBR=株価÷1株あたり純資産

株価が、企業の純資産の何倍になっているかを評価する指標です。
PBRが1倍を下回っている銘柄には、投資家の注目が集まります。
ただし、PBRが1倍を割り込んでいる企業のなかには、経営面が芳しくない会社もあります。たとえ割安感が強くても、赤字経営の企業への投資はおすすめできません。

健全な経営を続けている企業かどうかを確認し、ほかの指標もチェックしたうえで、投資を決断することが大切です。

少額で取引をする初心者におすすめの証券会社

楽天証券

楽天証券の初心者おすすめポイント

スマホアプリ『iSpeed』で日経テレコンが読めるなど銘柄選びに役立つ情報が充実している

詳しくはこちら

SBI証券

SBI証券キャプチャ

SBI証券の初心者おすすめポイント

開設口座数業界NO.1の安心感があり、手数料が安く投資を始めやすい

詳しくはこちら

松井証券

松井証券の初心者おすすめポイント

フリーコールでどんな質問にも答えてくれるお客様サポートが充実している

詳しくはこちら

GMOクリック証券

GMOクリック証券の初心者おすすめポイント

FXなど株以外の投資商品が豊富にそろっている

詳しくはこちら

ライブスター証券

ライブスター証券の初心者おすすめポイント

手数料が業界最安値なので購入コストがおさえられる

詳しくはこちら

この記事のまとめ

  • ワンタップバイなら1000円から株の購入ができる
  • 初心者が株で損をしないためには4つのルールがある
  • 少額取引をする初心者におすすめの証券会社は楽天証券

関連記事

株のローソク足とは?種類と見方・チャート分析の基礎を解説

「ローソク足の見方が分からない…」 「ロ…

NISAとは?メリット・デメリットと運用の流れを徹底解説

「NISAって始めた方がいいの?」 「自分に…

株の損益通算とは?繰越控除で税金を正しく納めるための知識

「損益通算ってなに?」 「株取引で年間を…

PER(ピー・イー・アール)とは?株の重要指標を分かりやすく解説

「PERって何?」 「買いたい銘柄の株価が…

PBR(ピー・ビー・アール)とは?株の重要指標を分かりやすく解説

「PBRって何?」 「株の専門用語が多くて…