カブドットコム証券の取引手数料・評判まとめ

三菱UFJフィナンシャルグループのカブドットコム証券は、ネット証券業界の中でも取引手数料の安さやIPOの実績が高いことで評判です。豊富な情報量で初心者にも優しく、使い勝手の良いツールが充実しています。

また、1株から購入できるプチ株サービスなど初心者向けのサービスが多く、株主優待のつなぎ売りを可能とする一般信用取引も可能です。

取り扱う金融商品も多く、口座開設もオンラインで完結する手軽さが投資初心者におすすめポイントでもあります。

目次

カブドットコム証券の強み

カブドットコム証証券で証券口座を開くと、大きなメリットが2つあります。

  1. 三菱UFJ系列の安心感と情報力
  2. 割引サービスで売買手数料が安くなる
  3. フリーETFなど独自のサービスがある

1.三菱UFJ系列の安心感と情報力

ネット専業の証券会社ではありますが、「お客様サポートセンター」の対応が充実しています。分からないことがあっても、証券外務員の資格を持ったスペシャリストがていねいに対応してくれるので安心です。

また、パソコン操作が苦手で取引ツールの使い方がよくわからなくても、遠隔操作で直接サポートしてもらうことができます。

2.割引サービスで売買手数料が安くなる

カブドットコム証券の売買手数料には、割引サービスが使えます。
たとえば「女子割」は女性なら一律1%の割り引きになりますし、「NISA割」は継続年数によって最大5%まで割り引かれます。

割引サービスを併用すれば、手数料を低く抑えることができます。

3.フリーETFなど独自のサービスがある

カブドットコム証券では、8銘柄のフリーETFを扱っています。

手数料無料でETF(上場投資信託)が8銘柄も買えるのは、カブドットコム証券の大きなメリットです。

カブドットコム証券の弱み

安心感や独自の商品などのメリットの一方で、デメリットもあります。

  1. 外国株式の取り扱いがない
  2. 投資金額が大きいと手数料が高くなる

1.外国株式の取り扱いがない

カブドットコム証券では外国株の取り扱いがないため、海外市場に上場している米国株や中国株などに多く投資したいという方には向きません。(国内市場に上場している外国株式は購入可。)

2.投資金額が大きいと手数料が高くなる

10万円から50万円の少額取引の手数料は90円~250円と割安なカブドットコム証券ですが、取引金額が100万円になると手数料が990円かかります。
100万円前後の取り引きを考えている方には向かないでしょう。

カブドットコム証券の取引手数料

カブドットコム証券は、特に10万円から50万円までの少額取引で取引手数料が安く設定されています。
ネット経由での現物取引の売買手数料は10万円以下の取引が90円(税抜)で、400万円以上の取引で上限の3,690円(税抜)です。

カブドットコム証券では電話注文も受け付けており、自動音声応答なら10万円以下の取引が190円(税抜)から、オペレーターなら同取引で2,090円(税抜)からとなっています。

また、50歳以上の方は現物取引の手数料が割引される「シニア割引」や、女性なら全員適用される「女子割」など、現物取引の手数料が割引になるさまざまなサービスがあります。
これに加えて、NISA口座を開設している人はNISA割が併用できるのが特徴です。

プラン 取引金額 手数料(税抜)
約定 ~10万円 90円
~20万円 180円
~30万円 250円

信用取引の売買手数料も、通常手数料は現物と同じく10万円以下で90円からとリーズナブルです。建玉残高によって、プラチナプラン・ゴールドプランといった優遇サービスがあり手数料が0円、つまり無料になります。

さらに、投資信託では売買手数料のかからないノーロード投信の取り扱いが600本以上ある上、保有残高に応じて毎月ポイントがもらえる「毎月ポイント」サービスがあります。

カブドットコム証券のキャンペーン

家族や友人への紹介キャンペーンは、紹介された人の口座開設など条件が揃えば紹介者に最大5000円のキャッシュバック、紹介された方にも2000円のキャッシュバックがあるので、投資資金に活用できる現金プレゼントが魅力となっています。

キャンペーン名 期間 キャンペーン内容 条件
ご家族・ご友人 紹介プログラム 2017年2月3日~ 【紹介者】開設月翌月の取引手数料(税込)の合計から最大5,000円までキャッシュバック。
(現物株式、信用取引、プチ株(プレミアム積立含む))
【紹介された人】紹介月の翌々月までの投信買付金額が合計10万円以上で2,000円プレゼント
キャンペーン期間中に必要事項を入力してエントリー。メールに記載されている申込用URLより、口座開設申込を行う。

カブドットコム証券の取扱商品一覧

カブドットコム証では、株式の現物・信用取引のほか、プチ株と呼ばれる単元未満株の取引が可能です。
1株から購入することができ、売買手数料も100円からと手軽に株式投資を開始できる設定になっています。IPOやTOB(株式公開買付)なども行われており、ネット上で簡単に申し込みできます。

商品 取扱(2018年9月時点)
国内
米国 なし
中国 なし
ベトナム なし
国内債券 なし
外国債券
投資信託(総数) 1061
投資信託(ノーロード) 約600
日経225先物
TOPIX先物
くりっく株365
単元未満株

カブドットコム証券が最近力を入れているのが投資信託やETFで、特に投資信託は手数料がかからないノーロード投信を含めて1,061本(2018年9月時点)の取り扱いがあります。
プレミアム積立と呼ばれるサービスもあり、毎月500円以上を一定額積み立てることも可能です。積立は1円単位で設定可能で、スマホやタブレットからでも買付できるのも魅力です。

投信の買付については、銀行の預貯金口座から引き落としが可能な他、自動で引き落とせるので手間いらずです。自動通知サービスも充実しており、残高照会だけでなく保有するファンドの基準価額や評価額の通知もくるので、購入のタイミングの参考になります。

カブドットコム証券のNISA

カブドットコム証券では、一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAの3種類のNISAを利用することができます。
NISA口座の取引については売買手数料が無料ですが、オペレーターを利用した電話での取引でも手数料が無料になるのはカブドットコム証券の大きな強みです。

カブドットコム証券でのNISAで取り扱っているNISAの種類、購入できる商品は以下の通りです。

カブドットコム証券
NISAの種類 NISA/つみたてNISA/ジュニアNISA
IPO 購入可
対象商品 株式(ETF含む)、投資信託、プチ株(ETF含む)
※つみたてNISAは投資信託のみ

また、NISA口座を開設した全員がNISA割の対象となります。通常の現物取引における売買手数料が最大5%適用されるのが魅力です。自動的に適用されるので特別な手続きも必要ありません。

カブドットコム証券のツール・機能(チャート・銘柄検索)

無料で使えるツールが多いことでも知られるカブドットコム証券。 特に株式投資を行う人にとって便利なのがkabuステーションというトレーディングツールです。このツール一つで、株価やチャートを同時に見ることができます

カブドットコム証券のツールの特徴

  • リアルタイムでSNSの動向をチェックできる
  • かんたん検索・詳細検索の両方が可能

リアルタイムでSNSの動向をチェックできたり、株価予想なども確認可能です。企業の財務諸表や決算情報もすぐに見られるので、日常の取引に必要な情報は網羅的に把握できるのが魅力です。

スクリーニング検索には、高機能スクリーニングツールのカブナビが無料で利用できます。
200を超える詳細検索が可能な他、チャートや財務状況などをグラフィカルに表示してくれるので初心者でも見やすいです。 セクター別の騰落率が一目で分かるヒートアップ機能もあり、かんたん検索・詳細検索両方で使用可能です。

かんたん検索では、今注目のスクリーニングとして投資金額や銘柄属性などから検索可能なので、初心者でも希望の銘柄をいち早く見つけることができます

カブドットコム証券のスマホアプリ

カブドットコム証券には、用途別に複数のスマホアプリがあります。 最近はスマホ一つで口座開設が可能な口座開設アプリを発表しました。

カブドットコム証券のスマホアプリの特徴

  • 目的別に複数のアプリを使用できる
  • 先物・オプション取引を積極的にやりたい人におすすめ
  • アラート機能を設定できる

投資用SNSサイト「みんなの株式」と連携した情報サービスアプリ「PICK UP!株テーマ」や、自分に合ったファンドを見つけられる「FUND Me」などの診断アプリがあります。

「kabuステーション」ではアプリ一つで注文が完結するようになっており、リアルタイムでの株価情報が提供されています。

カブドットコム証券が提供するニュース・情報

カブドットコム証券は情報が豊富で、三菱UFJモルガン・スタンレー証券のレポートが確認できます。
株式経済新聞がチェックできるのも魅力です。
また、カブドットコム証券のマーケットアナリストや投資ストラテジストが取引時間中に随時オリジナル投資情報を配信しており、初心者でも親しみやすい情報が手に入るのが特徴です。

カブドットコム証券が提供するニュース・情報一覧

  • 株式新聞速報ニュース(モーニングスター社)配信
  • 株経通信(みんかぶ)
  • マッシュアップ情報サービス(四季報・トムソンロイター・カブドットコム)
  • 人気銘柄をチェック「kabu.com取引状況」
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のレポート

口座開設をしていれば、四季報やロイターやモーニングスターの情報もすべて無料で見られます。

また、セミナーにも力を入れており、オンラインセミナーが1週間に1回ほど配信されています。1年に10回ほど無料の会場型セミナーも開催しているので、対面で金融情報に触れたいという人にもおすすめです。

カブドットコム証券の口座開設(無料)はこちら

カテゴリー内記事一覧

記事がありません