GMOクリック証券の取引手数料・評判まとめ

GMOクリック証券は、2005年に東証一部上場企業のGMOインターネットグループの子会社として設立された証券会社で、今やSBI証券や楽天証券などの大手と並び、日本を代表する証券会社の一つです。

サポート体制業界屈指の格安コスト充実のスマホアプリに加え、高性能な取引ツールなど、さまざまな項目で非常に高い評価を獲得しています。

目次

GMOクリック証券の強み

楽天証券で証券口座を開くと、大きなメリットが2つあります。

  1. 手数料の安さ
  2. 高品質なサポート体制

1.手数料の安さ

手数料の安さに関しては、常に業界トップクラスです。取引金額が10万円までなら手数料は95円で済み、とにかくコストを抑えたい方にぴったりです。

2.高品質なサポート体制

サポート体制を格付けする機関であるHDIの調査の「問合せ窓口/Webサポート部門」で4段階中(無星~三ツ星)最高評価の三ツ星を獲得しています。
何かと不安な投資の基本やツールの使い方について手厚くサポートしてもらえます。

GMOクリック証券の弱み

手数料の安さとサポート体制の充実という大きなメリットがある一方で、弱点も2つあります。

  1. ニュースや相場予想に関する情報提供が比較的弱い
  2. 上級者にとっては分析ツールが物足りない

1.ニュースや相場予想に関する情報提供が比較的弱い

ニュースや相場予想などに関する提供情報は、他社に比べるとやや弱いようです。証券会社各社は、自社のアナリストのレポートをどんどん出していますので、その点で差がついています。

2.上級者にとっては分析ツールが物足りない

スーパーはっちゅう君などの分析ツールでは、30を超えるテクニカルインジケーターが搭載されているものの、一部の上級者には物足りなく感じるようです。

GMOクリック証券の取引手数料

GMOクリック証券の取引手数料は、証券会社における手数料比較ランキングで、SBI証券や楽天証券をおさえ、常にトップを争っています。

ただ安いというわけではなくプランも充実しており、1約定ごとのに手数料が決定する「1約定ごとプラン」に加え、1日の約定代金の合計で手数料が決まる「1日定額プラン」があります。
自身のトレードスタイルに応じて好きなプランを選ぶことができます。

約定代金ごとにかかる手数料が金額ごとに細分化され、明確に記されているので、取引に慣れていないビギナーの方にもおすすめです。

プラン 取引金額 手数料
1約定ごとプラン ~10万円 95円
~20万円 105円
~30万円 260円
1日定額プラン ~10万円 230円
~20万円 230円
~30万円 300円

いくつかの条件さえ満たせば、手数料に加え、金利が優遇される「VIPプラン」というものもあります。
このプランでは、信用取引における手数料が取引回数の制限を受けることなく無料になります。

GMOクリック証券のキャンペーン

GMOクリック証券では、毎月キャンペーンを実施しており、一定期間取引手数料が無料になるといったものや、30,000円のキャッシュバックがもらえるものなど、数種類のキャンペーンがあります。

キャンペーン名 期間 キャンペーン内容 条件
一般信用売り開始記念!一般信用取引手数料無料キャンペーン 2018年8月20日(月)約定分~2018年12月28日(金)約定分まで キャンペーン期間中、信用取引口座を開設されている全てのお客様を対象に一般信用取引手数料が無料になる キャンペーン期間中に信用取引口座にて取引を行う

過去には、「肉尽くし!キャンペーン」というなんともユニークなキャンペーンも実施。 内容は、20,000~30,000円相当の松坂牛などの高級肉をもらえるといったもので、今後も面白いキャンペーンが出てくるかもしれません。

GMOクリック証券の取扱商品

GMOクリック証券では、現物取引や信用取引などのごく一般的な商品はもちろん、投資信託やIPO株、FXなどの金融商品も扱っています。

商品 取扱
国内
米国
中国 ×
ベトナム ×
国内債券 ×
外国債券
投資信託(総数) 約100
投資信託(ノーロード) 約90
日経225先物
TOPIX先物 ×
くりっく株365 ×
単元未満株 ×

GMOクリック証券の投資信託

GMOクリック証券では、プロが約6,000本もの投資信託の中から選び抜いたファンドを約100本扱っています。
また、各ファンドがカテゴリー別に分類されているため条件に合うファンドが非常に探しやすくなっています。
販売手数料0円のノーロード投信も約90本あり、コストを抑えて無理なく投資信託を始めることが可能です。

GMOクリック証券のNISA

GMOクリック証券でもNISA口座を開くことができます。NISAで投資をすれば、最長で5年間に渡り最大600万(120万円×5年)が非課税対象になるうえ、売買手数料が無料なのが特徴です。

GMOクリック証券
NISAの種類 NISA/積み立てNISA/ジュニアNISA
IPO 購入可
対象商品 株式・ETF・REIT・ETN、IPO、PO、投資信託

GMOクリック証券のツール・機能全般

GMOクリック証券では、スーパーはっちゅう君、はっちゅう君、レーザートレードというツールを使います。

GMOクリック証券のツールの特徴

  • レベル別に選べる高性能なツール
  • チャート機能が感覚的で扱い易い
  • スクリーニング機能では条件を細分化して検索をかけることができる

取引ツールは、スムーズな注文が可能な「レザートレード」、シンプルな操作で扱いやすい「はっちゅう君」、本格的なテクニカル分析をするのに優れた「スーパーはっちゅう君」などレベル別、用途別で使い分けることが可能です。

多種多様な銘柄を探すうえでなくてはならないスクリーニング機能も極めて優秀で、「業種別検索」はもちろん、株価や時価総額、投資資金などの「詳細別」、騰落率やストップ高、ストップ安などの「ランキング別」など、条件を細分化して検索をかけることが可能です。

GMOクリック証券のスマホアプリ

GMOクリック証券のスマホアプリは、安心かつ、快適に使用できるツールです。

GMOクリック証券で使用するスマホアプリはiClick株(iPhone)、株roid(Android)です。対応している機種は、「iPhone(推奨環境):iOS6.0 ~ 10」,「Android(推奨環境):Android2.3 ~6.0」と幅広い機種に対応しています。

PCと遜色ないレベルの操作が可能で、ウォッチリストを活用すれば、たとえ外出中でも気になる銘柄をいつでもどこでもチェックできます。利用料金は無料です。

GMOクリック証券の情報力

GMOクリック証券では、最新かつ有益な情報を随時入手することができます。

GMOクリック証券が提供するニュース・情報一覧

  • GMOクリックTV投資チャンネル
  • 財務分析
  • 適時開示・EDINET
  • アナリストレポート
  • 四季報・企業情報

株価分析、財務諸表、経営分析、成長度合いや利益率を予想するシミュレーターなど、ファンダメンタルズ分析をするのに役立つ情報が特徴です。
さらに、1日5回、GMOクリック証券独自の「投資チャンネル」という番組も配信しており、他では得られないプロ目線の有益な情報を得ることができます。

GMOクリック証券の口座開設(無料)はこちら

カテゴリー内記事一覧

記事がありません