岡三オンライン証券のスマホアプリ「岡三カブスマホ」の特徴|メリットデメリットと機能を解説

岡三オンライン証券には、トレーディングツールや投資情報が豊富なことで評価の高いアプリがそろっています。
投資経験のレベルによってツールを選ぶことができ、初心者から上級者まで幅広く対応しています。

中でもシンプルな作りで使いやすい日本株取引用アプリ「岡三カブスマホ」について、その特徴や各機能、メリット・デメリットを詳しくご紹介します。

岡三オンライン証券のスマホアプリ「岡三カブスマホ」のメリットとデメリット

岡三カブスマホは、現物株や信用取引、即時入出金、個別銘柄情報・チャート・国内主要指標・ニュース・ランキングなどの情報収集ができ、iOS・Android共に利用可能です。
まずはメリットとデメリットをご紹介しましょう。

最大のメリットは豊富な情報量

岡三カブスマホの最大の特長は豊富な情報量です。PC版「岡三ネットトレーダーシリーズ」と同等数のニュースをアプリ内で閲覧できます。
ロイターや時事通信社ニュースが無料で閲覧でき、IPO情報を見ることもできます。

「投資情報局」では、投資に関するさまざまな情報がまとめられており、個別銘柄に対する岡三証券の投資情報部門のアナリストレポートを読むこともできます。
ネット証券でありながら総合証券のレポートを閲覧できることは当社ならではの強みでしょう。

また、「#カブトレンド」ではSNSの情報をAIが分析した内容を、投資情報としてみることができます。
プロからアマまでの投資情報を網羅できるためデイトレーダーにも人気ですが、初心者の方にとっても豊富な情報量はありがたいですね。

岡三オンライン証券の口座開設はこちら

デメリット|現物株式と信用取引のみ

アプリ内での取引は、現物株式と信用取引の売買しかできません。さまざまな取り引きができる他の証券会社のアプリと比べると見劣りするでしょう。しかしシンプルに株の売買をしたい人にとっては、余計な機能がなくて使いやすいでしょう。

岡三オンライン証券のスマホアプリの入出金機能

注文をする際にはお金を証券口座に入れておかなければなりませんし、株で得た利益を自分の銀行口座に移すこともあります。
そのような場合に使う機能を入出金機能といい、アプリで操作することができます。

岡三カブスマホの即時入出金は、提携金融機関でインターネットバンキングを契約している場合に利用でき、振込手数料は無料(岡三オンライン証券負担)です。
画面とともに、詳しくご説明しましょう。

引用元:岡三カブスマホ利用マニュアル

まずはアプリ下のグローバルメニューの「資産状況」をタップします。

現物、信用などの保有資産の選択画面が出てきますので、下の「入金」「出金」を選択すると、webページにリンクします。

ご利用の金融機関を選択します。提携する「みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行」などから選択しましょう。自身の利用する金融機関が提携しているかどは、調べてみてくださいね。

入出金金額、入出金先口座を指定し、取引パスワードを入力後、各金融機関のサイトに移動して手続きを勧めます。

岡三オンライン証券のスマホアプリの注文機能

アプリ内では、現物の株取引と信用取引ができます。通常注文だけでなく、逆指値注文にも対応しているので、日中忙しいサラリーマンの方にはありがたいでしょう。

引用元:岡三カブスマホ利用マニュアル

注文は登録銘柄の銘柄一覧画面、もしくは検索画面から行います。注文したい銘柄をタップした後、「現物」か「信用」マークをタップすると、注文画面に移行します。

価格や株数などを入力したら、右上の「注文確認」ボタンを押しましょう。

注文内容を確認し、最下部にある取引パスワードを入力して、注文となります。

岡三オンライン証券のスマホアプリではどんな情報収集ができるか

岡三カブスマホの最大の特長は情報量です。豊富な情報の中でも実際に利用して投資判断に役立つサービスをご紹介します。

株式投資情報局

ホーム上部の「情報局」のボタンをタップすると、外部サイトの「投資情報局」を開くことができます。

引用元:岡三カブスマホ利用マニュアル

岡三オンライン証券で人気なのが、この投資情報局の情報量です。
個別銘柄に対する岡三証券の投資情報部門のアナリストレポートや、決算発表銘柄・株主優待・経済指標情報が記載されたカレンダー、テクニカル・ランキングなどの情報を閲覧することができます。

プロのレポートを読むことができるアプリはなかなかありませんから、初心者の方には心強いでしょう。

「#カブトレンド」

外部サイト「#カブトレンド」では、TwitterやfacebookなどのSNSの情報をAIが分析し、投資情報として提供されます。

引用元:岡三オンライン証券「#カブトレンド」

SNSでの今の盛り上がり度をランキングしたり、その話題がネガティブなのか、ポジティブなのかも判断したりします。
さらに「注文する」ボタンを押せば、普段の注文画面から注文もできます。

高機能チャート

チャートでは、代表的な移動平均線、ボリンジャーバンド、RSIなどのテクニカル指標が表示されます。

引用元:岡三カブスマホ利用マニュアル

縦にスワイプすればフルスクリーン表示されますし、横画面表示にも対応しているので、より詳しく分析できるでしょう。

岡三オンライン証券のスマホアプリの便利なツール一覧

岡三カブスマホには、他にも便利なツールがあります。便利な機能を一覧にしました。

機能 詳細
価格アラート 「価格アラート」では、現在価格の上もしくは下の価格を設定可能です。
「一回限り・毎日繰り返し・毎前場や毎後場」の3つの中から選択するとメールで通知してくれます。損切りをしたい場合などに使えるでしょう。
ランキング情報 全市場の出来高、値上がり率、値下がり率、乖離率など、豊富な銘柄ランキング情報を見ることができます。
板、チャート画面のフルスクリーン表示 板画面をタップするとフルスクリーンで画面表示されます。チャート画面も縦にスワイプでフルスクリーン表示されます。
一見何でもないことのように見えますが、きちんと情報を分析するためには重要なポイントです。

岡三オンライン証券の口座開設はこちら

関連記事

株の勉強ができるおすすめアプリ|初心者向きランキング2018

「アプリで株の勉強を手軽にしたい!」 「株を…

松井証券のスマホアプリ「株touch」の特徴|メリットデメリットと機…

大正7年創業の老舗の松井証券は、株式のネット取引の世界でも注目を集めています。取引できる金…

1000円から株ができるアプリOneTapBUYの魅力と使い方

「株には興味あるけど、まとまったお金はないし…」

楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」の特徴|メリットデメリットと機…

楽天証券が提供している株取引アプリ「iSPEED」では、チャートのチェックや情報収集、注文、資産管理な…

SBI証券のスマホアプリ「SBI証券 株」の特徴|メリットデメリットと…

ネット専業証券会社のなかで、トップクラスの利用者数を誇るSBI証券。株取引を行う投資家のために「SBI…