初心者におすすめの株主優待ランキング

「人気の株主優待が知りたい!」

株主優待がある企業の株式は持っているだけでお得なサービスを受けることができます。
しかし実際に株式を探そうと思うと、さまざまな会社が株主優待を提供しているため、どの会社の株式を買えばいいか迷ってしまいます。

この記事では使いやすさやお得度で人気の株主優待をランキング形式で紹介します。この記事を読めばどんな株主優待をもらえるかを楽しく探すことができます。
なお、本記事に記載してある株価は優待利回りについては2019年5月31日時点のものになります。

これは使える!使い勝手の良さが売りの銘柄ランキング

ここでは、全国各地で利用できる株主優待や食品、クオカードなど多くの人にとって利用しやすい優待を提供している会社をピックアップしています。

どれも使いやすい優待ですが、優待利回りが高い順に紹介していますので、上から順番にチェックしてみて、使いやすそうな優待を提供している会社を探してみましょう。

ただでさえお得な株主優待の中でもより使いやすく、かつお得に受けられる会社を知ることで、株主優待生活がより楽しいものになるでしょう。

銘柄名 最低購入額 現時点の株価 優待利回り 優待内容
サンリオ(8136) 241,994円 2,418円 8.18% 100株以上でテーマパーク共通優待券3枚またはサンリオショップやオンラインで利用可能な買物優待券1,000円相当
シダックス(4837) 27,254円 272円 7.35% 100株以上でシダックス店舗で利用できる540円優待券5枚またはグループ製品2,000円相当
日産自動車(7201) 73,546円 734.6円 6.80% 100株以上保有していると株主紹介特典制度が利用できる。本制度を利用して日産の新車を購入した場合、株主には5,000円相当のJCBギフトカード、購入者には5,000円相当のカタログギフトが送られる。
進学会ホールディングス(9760) 61,486円 614.0円 6.51% 100株以上で優待券3,000円相当またはクオカード1000円相当
海帆(3133) 74,186円 741.0円 5.39% 100株以上で優待食事券2,000円相当と食事割引券20%割引券を10枚、または全国共通おこめ券2キログラム相当
安楽亭(7562) 493,194円 4,930.0円 5.27% 100株以上で13000円相当の株主優待券または20%割引となる株主割引券6枚
ジャパンインベストメントアドバイザー(7172) 193,904円 1,938円 5.16% 100株以上で1,000円相当のクオカード(1年未満保有の場合)または日本証券新聞デジタル版3ヶ月購読券9,000円相当
アビスト(6087) 247,194円 2,470円 5.10% 浸みわたる水素水1ケース(500ml30本、12,600円相当)
ラックランド(9612) 226,594円 2,264円 4.85% 100株以上で宮城県特産品セット3,000円相当またはECサイトで利用できるクーポン券2,500円相当
音通(7647) 2,700円 27円 4.44% 5,000株以上で3,000円相当の商品

少額で買える!10万円以下で購入できる銘柄ランキング

株主優待には興味があるけれど、株式を買うことにまだ慣れていない人は少額から始めるといいでしょう。

そんなあなたにぴったりな10万円以下で購入できる銘柄を紹介します。
利回りもチェックしつつ、10万円でどんな優待が受けられるのかをチェックしてみましょう。

銘柄名 最低購入額 現時点の株価 優待利回り 優待内容
トランザクション(7818) 80,786円 807円 7.43% 100株以上で3,000円相当の優待商品セット(選択制)
ヤーマン(6630) 95,386円 953円 5.24% 100株以上で5,000円相当の自社商品セット(2年未満保有の場合)
クロスプラス(3320) 60,186円 601円 4.99% 100株以上で自社選定品3,000円相当またはオンラインショップクーポン券3,000円相当
コラボス(3908) 68,986円 689円 4.35% 100株以上で髙島屋法人事業部セレクトのグルメカタログ3,000円相当
原田工業(6904) 72,986円 729円 4.11% 100株以上で3,000円相当のクオカード(1年未満保有の場合)

お得度で選ぶ!優待利回りの高い銘柄ランキング

とにかく株主優待で得をしたいという方には、株主優待の利回りが高い株式が向いているでしょう。

ここでは、株主優待の優待利回りが高い会社を順番にピックアップしています。
とにかく利回りのいい優待を求めるならば、ここに紹介する会社は必ずチェックしましょう。

銘柄名 最低購入額 現時点の株価 優待利回り 優待内容
パートナーエージェント(6181) 26,654円 266円 112.78% 100株以上で自社サービス割引利用優待
モーニングスター(4765) 32,154円 321円 105.85% 100株以上で自社発行「株式新聞」6ヶ月無料(25,920円相当)またはアラプラス商品無料引換申込券
VTホールディングス(7593) 45,354円 453円 88.30% 100株以上で自社グループ優待券として新車・中古車購入時利用優待券(30,000円相当)または車検時利用優待券(10,000円相当)またはレンタカー利用割引券(一般料金から20%またはインターネット料金表より10%割引)
フィスコ(3807) 19,654円 196円 61.22% 100株以上でクラブフィスコのIPOナビ1ヶ月無料クーポン(6,480円相当)
バイク王&カンパニー(3377) 18,054円 180円 55.55% 100株以上で126cc以上のバイク購入時にバイク1台10,000円割引またはパートナーズパック加入10,000円割引(パートナーズパック加入割引のみの利用は不可)

株主優待生活のシミュレーション

株主優待をとことんうまく活用すると、普段の生活の中で現金を使わなくてもお得な生活を送ることができるようになります。

ここでは株主優待をうまく使った1日をシミュレーションしてみます。

7:00 起床 眠い目をこすってベッドから起き上がります。山崎製パン(2212)からもらったジャムを塗ったトーストに大黒天物産(2791)のフルーツを食べ、キーコーヒー(2594)のコーヒーを流し込んで会社へ出発です。
9:00 仕事 職場についたらパソコンを立ち上げ、デスクにある書類に目を通します。デスクに備えてあるパイロットコーポレーション(7846)のペンを手に取り、スピーディにタスクを片付けていきます。
12:00 ランチ 今日は外でランチをとります。会社の近くにあるサイゼリヤ(7581)や、すかいらーくホールディングス(3197)が展開するガストへ足を運び、優待券を使ってお得にランチタイムを楽しんで午後への英気を養いましょう。
15:00 カフェで作業 デスクワークも落ち着いたので気分転換を兼ねてカフェで作業しようと思います。目についたドトールではドトール・日レスホールディングス(3087)の優待カードを利用しておいしいコーヒーとともに作業を進めています。
18:00 退勤後ジムへ 仕事が終わったので、リフレッシュしつつ体を動かすためにジムへ行きます。職場からの帰り道にはルネサンス(2378)セントラルスポーツ(4801)があるため、優待カードを使って無料で心地いい汗を流して気分転換ができました。
20:00 帰宅して自炊 運動をしたせいかお腹がすいてきました。家に着いたら自分の得意料理を作ります。海帆(3133)のおこめ券で買ったお米とキッコーマン(2801)日清オイリオグループ(2602)からもらった調味料を使って作った和食を楽しみ、幸福感とともにお腹がいっぱいになりました。
22:00 入浴 食事も終えたので、あとは気分をリラックスさせて眠る準備に移ります。まずは1日の疲れを流すためにバスタイムです。ツムラ(4540)のバスハーブを使うことでバスタイムがよりリラックスできる幸せなひとときとなりました。
23:00 ボディケア 睡眠前に自分の体のケアは欠かせません。ハウスオブローゼ(7506)のボディケア用品を使って疲れた自分の体へのご褒美です。そして、寝る準備は万端です。
24:00 就寝 充実した1日を終え、あとは眠るだけ。島忠(8184)の優待券を使って購入したシモンズベッドは寝心地バツグン。寝心地のいいベッドの中でぐっすり眠って明日を迎えます。

この記事のまとめ

この記事でご紹介した株主優待はほんの一部です。身近な製品やサービスを提供する企業の株主優待、自分の興味のある企業の株主優待を探しながら、優待生活、株式投資を楽しんでみましょう。

関連記事

株の初心者に「ナンピン買い」が危険な理由とは?

株初心者でも簡単!? ETF(上場投資信託)の3つの魅力とは?

初心者向け|株の分析の基本知識

株初心者が損をしないための株の売り方を解説

初心者が株を買うべきタイミングとは?