株初心者のための株主優待の始め方|投資金額別おすすめ銘柄

「株主優待」ってご存知ですか? 株式投資には株式を保有するだけで受けることができるさまざまなメリットがあり、株主優待もその中の1つです。ここでは株式投資初心者のみなさんに向けて、株主優待のしくみやおすすめの銘柄、実際の受け取り方法についてわかりやすく解説します。

株初心者向け株主優待の基礎知識

株主優待とは株式を所有しているだけでもらえる嬉しいプレゼントのことです。企業が得た利益を株主にお金として還元するのが「配当金」、お金以外で還元することを「株式優待」といいます。株主優待をもらうためには企業が定める決算月の決められた日に株式を所有している必要があります

もらえる優待は企業によってさまざまで、その企業の商品だったり、割引券や食事券、QUOカードだったりします。
たとえば「サイゼリア(7581)」なら食事券、「ライオン(4912)」ならシャンプーなどの自社製品の詰め合わせ、「オリエンタルランド(4661)」ならなんと、ディズニーランド・ディズニーシーの1日パスポート券がもらえます!

銘柄 株主優待の内容
サイゼリア(7581) 食事券
ライオン(4912) シャンプー
オリエンタルランド(4661) ディズニーランド・ディズニーシーの1日パスポート券

株で得られる配当金や売買益については「株初心者が失敗しない方法とは?低リスク運用の基本知識で賢く儲ける」で解説をしています。

投資金額別|初心者におすすめの株主優待

それでは具体的に、初心者の方におすすめの銘柄をご紹介します。何がもらえるのかと同じぐらい、いくらで株主優待がもらえるのかも気になるところですよね。まずは10万円以下を目安に探してみましょう

10万円以内

10万円以下なら「東急不動産ホールディングス(3289)」がおすすめです。

銘柄名 企業の特徴 株主優待内容
東急不動産ホールディングス(3289) リゾート施設や都市型ホテル、フィットネスクラブ等の運営 グループが運営しているリゾート施設や都市型ホテル、フィットネスクラブ等を優待料金で利用することができる

グループが運営しているリゾート施設や都市型ホテル、フィットネスクラブ等を優待料金で利用することができます。例えばビジネスマンに人気の高い東急ステイからリゾートホテルであるホテルハーヴェストなどをお得な値段で泊まることができます。また大手グループ企業の株式であることから優待廃止などのリスクも比較的低いでしょう。

5万円以内

5万円以下なら「ビーアールホールディングス(1726)」がおすすめです。

銘柄名 企業の特徴 株主優待内容
ビーアールホールディングス(1726) 土木・建築等を行う子会社の経営管理等 100株以上で500円のQUOカード

ここは100株以上で500円のQUOカードをもらうことができます。QUOカードは主なコンビニエンスストアはもちろん、書店やドラッグストアでも使うことができる万能の株主優待です。9月と3月の2回もらえるチャンスがあるのも嬉しいですね!

3万円以内

3万円以下になるとさすがに選択肢は狭くなりますが、お子様がいる方にぜひおすすめしたいのが「キムラタン(8103)」です。

銘柄名 企業の特徴 株主優待内容
キムラタン(8103) ベビー・子供服の企画・生産・販売 200株以上から直営店で使用できる2000円の商品券

200株以上から直営店で使用できる2000円の商品券がもらえる上に、なんと1株100円以下!たとえ値下がりしても1株100円なら損失が少なくてすみます。投資初心者の方でもこれなら安心して保有できますね。

株主優待を始めるときの3つの注意点

株主優待をもらうために株式購入を検討する際に注意したい点は3つです。

株主優待を始める際の注意点

  1. 権利付き最終日を確認する
  2. 必要株式数の条件を確認する
  3. 株主優待内容の変更リスクを把握する

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.権利付き最終日を確認する

まず1つ目は「権利付き最終日」の確認です。

権利付き最終日とは
株主名簿に記載されるための株式購入期限のこと。原則、権利確定日の3営業日前となっており、例えば31日水曜日が権利確定日なら前の週の29日金曜日が権利付き最終日。
取引所が休みである土日祝は日数に含まない。

株主優待や配当をもらうためには「権利確定日」に株主名簿に株主として記載されなければなりません
つまり、権利付き最終日までには株を買っておかなくてはなりません。

2.必要株式数の条件を確認する

2つ目の注意点は必要株式数の条件です。銘柄によって100株から株主優待がもらえるものもあれば、1000株以上でないともらえないなど条件が異なります
あわせて保有期間に応じてもらえるものが変わったりなど、企業によってルールが異なるので注意しましょう。

3.株主優待内容の変更リスクを把握する

3つ目は株主優待内容の変更リスクです。株主優待はあくまで企業による「利益の還元」なので、利益の変動によって優待内容が変更になる場合があります。
改善される場合はさらにその銘柄の人気も高まる、といったメリットもありますが、改悪あるいは終了となる場合もあります。そうなってしまった場合は人気が下がり、株価が大きく下がる可能性があることを頭に入れておきましょう。

株主優待の取り引きの流れ|優待はいつ届くの?

株主優待を受け取れるのはほとんどが権利確定日から2~3ヶ月後になります。これはこの間に配送手続きなどの事務手続きが発生するからです。

株を買ってから優待を受け取るまでの流れをまとめました。

順序 流れ 期間
1 銘柄を決めて株を注文する 証券口座にログイン後可能
2 権利確定日を待つ 企業によって異なる
3 株主優待を受け取る 権利確定日から2~3ヶ月後

配送方法は送られてくる品物よって、小さいものなら封書、大きいものだと宅配便で配送され、受け取り方法は通常の荷物を受け取る際と同様です。権利が確定してからしばらく待つことになりますが、その間のわくわく感を楽しみながら待ちましょう。

株主優待を始めたい人におすすめの証券会社

株主優待をもらうには、まず証券会社で口座開設をしてから銘柄を選ぶ必要があります。

ここでは、まだ証券口座を持っていない初心者の方のために、以下の観点でおすすすめの証券会社を比較してピックアップしています。

  1. 優待内容がチェックしやすいこと
  2. 取引手数料がなるべく安いこと

楽天証券

松井証券

SBI証券

SBI証券キャプチャ

関連記事

少額資金での株の始め方と資金別の株取引

株初心者向け用語集 株式投資に必要な基礎知識

株の初心者に「ナンピン買い」が危険な理由とは?

株初心者でも簡単!? ETF(上場投資信託)の3つの魅力とは?

初心者向け|株の分析の基本知識