無料で使える株アプリ スマホで株取引をするならオススメは楽天証券

「株式投資って、無料のアプリで手軽にできないかな?」

「証券会社のアプリって無料で使えるの?」

無料で使える株のアプリには、初心者向けに勉強やシミュレーションができるものや、実際に取引が行えるもの、分析が行えるものなどがあります。

この記事では、無料で使えるアプリの中から、「実際に取引ができる証券会社のアプリ」に絞って、無料でどこまでできるか?初心者におすすめの機能がある証券会社はどこか?などを解説します。

  • 証券会社の株アプリは口座開設すれば無料で使える
  • 取引だけではなく、企業情報が見られるのでおすすめ
  • 使いやすさで選ぶなら楽天証券がおすすめ

無料アプリランキング|スマホで株をやるなら楽天証券

証券会社各社では株取引ができるアプリを提供していて、口座を開設している人なら無料で利用できます。
株の売買だけでなく、チャートを参照して現在の状況を把握でき、投資判断に必要なニュースを読むこともできます。 各証券会社のアプリを、機能の多さ・精度の高さ・使いやすさをもとにランキングしてみました。

順位 証券会社 機能の多さ 精度の高さ 使いやすさ
第1位 楽天証券
第2位 SBI証券
第3位 マネックス証券
第4位 岡三オンライン証券
第5位 カブドットコム証券

証券会社のアプリの主な用途は注文などの取り引きですので、アプリを使う際は口座開設が必要なことがほとんどです。

アプリ自体は無料で使えますし、口座開設も無料ですから、とりあえず口座を開いてアプリの使いやすさをチェックするのもいいかもしれません。
次からは、無料で使えるアプリの機能をご紹介します。

証券会社のスマホアプリは高機能なのに無料で使えるってほんと?

各証券会社のアプリは、基本的には無料でダウンロードすることができます。証券会社のアプリは、株の売買取引を行ったり売買するのに必要な情報を得られるというのがメインの機能ですが、証券会社によって独自の機能もあります。

ここでは、各証券会社のアプリで無料でできることの中で、特徴的なものをピックアップして紹介します。
各証券会社の公式ページには、アプリの詳しい説明や見た目の雰囲気がよくわかる紹介ページがありますので、じっくり見てみましょう。

第1位 楽天証券

楽天証券のアプリ「iSPEED」は、使いやすさが人気のアプリです。

無料でできること

  • 30種類以上のパーツから情報を組み合わせ画面をカスタマイズできる
  • 15種類のチャートを利用できる
  • 為替レート、ニュース、市況、ランキングなどの情報を無料で閲覧できる
  • 「株アラート」機能がリアルタイムに通知してくれる
  • など

Android端末では、ウィジェットで必要な情報をチェックできます。
iPhoneなら、Apple Watchで株価などの情報をチェックすることも可能です。

楽天証券のアプリを詳しく見る

第2位 SBI証券

SBI証券のアプリ「SBI証券 株」は、機能の多さが人気で、初級者はもちろん中~上級者にも支持されています。
銘柄ごとの株価や業績が閲覧できるとともに、チャートを使いリアルタイムの投資情報を確認することができます。

無料でできること

  • 「テーマ」で銘柄を選ぶことができる
  • プッシュ通知機能で重要なイベントについて知らせてくれる
  • など

スマホのプッシュ通知機能では、注文を約定した場合や、企業の決算発表や権利付き最終売買日などの重要なイベントについて、プッシュ通知で知らせてもらえます。

SBI証券のアプリを詳しく見る

第3位 マネックス証券

マネックス証券のアプリ「マネックストレーダー株式」は、情報量と使いやすさのバランスが取れたシンプルなアプリです。

無料でできること

  • チェックしたい銘柄を登録しておくことができる
  • チャートのカスタマイズができる
  • など

さまざまな指標や株式ランキング、投資判断に必要なニュースなどを参照することができ、株の勉強をするのにも適したアプリです。

マネックス証券のアプリを詳しく見る

第4位 岡三オンライン証券

岡三オンライン証券のアプリ「ネットトレーダースマホ」は、使いやすさにこだわった高機能アプリです。

無料でできること

  • 口座の情報はアプリ間で共有できる
  • チャートのパラメーターを設定できる
  • 約2000銘柄を株価ボードに登録できる

岡三オンライン証券にはネットトレーダーシリーズ以外にも複数の種類のアプリがあり、投資経験のレベルによって選ぶことができます。

岡三オンライン証券のアプリを詳しく見る

第5位 カブドットコム証券

カブドットコム証券のアプリ「kabuSTATION」は、注文機能の豊富さで人気があります。

無料でできること

  • 注文方法が選べる
  • 13種類のチャートが利用できる
  • 各銘柄に関する個別ニュースを見られる
  • など

カブドットコム証券は、このアプリのほかにも用途によって特長の異なるアプリを出しています。
目的に特化して選ぶのもよいでしょう。

アプリで株取引をするときにお金がかかる機能はあるか?

各証券会社の取引アプリは、口座開設をしていれば基本的には無料で使えます。
ただし、その先の取り引きをするとなると全て無料というわけではありません

株を売買するには手数料が必要ですから、いつどのような手数料がかかるのかを確認しておきましょう。

取引(売買)手数料

株取引の手数料は、ネット専業の証券会社の方が一般的な証券会社に比べて安くなっています。

例として、楽天証券の手数料を見てみましょう。

取引1度ごとに手数料がかかる「超割コース」と、1日ごとに手数料がかかる「いちにち定額コース」があります。 超割コースの現物取引手数料は次の通りです。()内は税込金額。

取引価格 手数料
5万円まで 50円(54円)
10万円まで 90円(97円)
20万円まで 105円(113円)
50万円まで 250円(270円)
100万円まで 487円(525円)
150万円まで 582円(628円)
3,000万円まで 921円(994円)
3,000万円超 973円(1,050円)

いちにち定額コースの場合は次の通りです。

1日の約定金額 手数料
10万円まで 0円
20万円まで 191円(206円)
30万円まで 286円(308円)
50万円まで 429円(463円)
100万円まで 858円(926円)
200万円まで 2,000円(2,160円)
300万円まで 3,000円(3,240円)
以降、100万円増えるごとに1,080円追加。

入出金手数料

証券会社の口座にお金を入金したり、出金したりする際にも手数料がかかります。 ただし、証券会社によっては提携している銀行があり、提携先銀行の口座との間で入出金をする場合は手数料無料としている例もあります。

【例】楽天証券

  • マネーブリッジらくらく入金……楽天銀行のみ対応、手数料無料(楽天証券が負担)
  • リアルタイム入金……楽天銀行、三井住友銀行など12行が対応、手数料無料(楽天証券が負担)
  • 通常振込入金……振込人が利用する金融機関所定の手数料がかかる

【例】SBI証券

  • 即時入金……住信SBIネット銀行、三菱UFJ銀行など13行が対応、手数料無料
  • リアルタイム入金……京葉銀行、阿波銀行、福井銀行、秋田銀行が対応、無料(SBI証券が負担)
  • 銀行振込……振込人が利用する金融機関所定の手数料がかかる
  • 振替入金(ゆうちょ銀行)……無料(SBI証券)が負担
  • ATMカード入金……時間帯や利用するATMなどによっては手数料がかかる

口座管理料

口座管理料とは、口座を持っているだけでかかる費用です。大和証券や東海東京証券のように、口座管理料がかかる証券会社もあります。口座開設の前にチェックしましょう。

この記事のまとめ

  • 株取引のためのアプリはほとんど無料で使える
  • 証券会社のアプリはそれぞれ特長が異なる
  • アプリは無料でも取り引きには手数料がかかるので要注意

関連記事

SBI証券のスマホアプリ「SBI証券 株」の使い方とメリットデメリット

ネット専業証券会社のなかで、トップクラスの利用者数を誇る

岡三オンライン証券のスマホアプリ「岡三カブスマホ」の特徴

創業95年を超える老舗証券会社の岡三証券。そのグループ企業である岡三オンライン証券は、トレーディン…

松井証券のスマホアプリ「株touch」の特徴とメリット・デメリット

大正7年創業の老舗の松井証券は、株式のネッ…

楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」の特徴とメリットデメリット

楽天証券が提供している株取引アプリ「iSPEE…

1000円から株ができるアプリOneTapBUYの使い方

「株には興味あるけど、まとまったお金はないし…」