NISAにおける税金と確定申告について

更新

「NISAにはどれくらいの節税効果があるの?」

「確定申告をしなくてもいいの?」

NISAとは「少額投資非課税制度」のことで、通常株式投資にかかる20.315%の税金が免除になるお得な制度です。 この記事ではNISAで税金が発生しない仕組みや確定申告について詳しく説明します。

  • NISAは売買益と分配金に税金がかからない制度
  • 「120万円の枠」が指すのは株式などの「購入金額」
  • NISA口座なら確定申告をする必要がない

NISA口座における節税効果

NISAは年間120万円までなら非課税で投資できる制度です。ポイントは売買益、配当金、分配金など投資で得た利益にかかる税金が非課税になる点です。似たような制度でiDeCoというものがあります。こちらは投資金額を全額所得控除することができるので、税金がかかる金額を減らすことができます。しかし、NISAにはこの所得控除の効果はなく、あくまで投資で得た利益にかかる税金のみ節税メリットがあることを注意しておきましょう。

NISA口座で非課税の対象になるもの

NISA口座では年間120万円まで非課税となりますが、この、非課税枠を消化するのはどんなときでしょうか?課税口座で税金が発生するタイミングと比較しながら説明していきます。

課税口座で税金が発生する仕組み

それでは、課税口座(一般口座)で株の売買を行った場合、どのようなタイミングで税金が発生するのかから説明しましょう。

仮に1株1,000円の株を100株購入し、1,200円で売却できたとしましょう。1,000円×100株=10万円がこの株式の購入金額となりますが、これには税金はかかりません。代わりに証券会社に支払う手数料を支払う必要があります。手数料は証券会社によって違うので、最初にどの証券会社で口座を持つかを検討する際にじっくり吟味してください。

売却した際に1,200円×100株-10万円(購入金額)=2万円の儲けが出ますが、これが売買益と呼ばれる株式投資で課税対象になるものになります。この売買益に対して20.315%の税金が発生します。もちろん売却する際も購入する時と同様に手数料を支払う必要があるので注意しましょう。

また、株式を長期保有していると、配当金と呼ばれる、会社が儲けた利益を株主に還元してくれる時があります。通常、年に2回ほど決算時に発生するこの分配金も課税対象です。株式ではなく、投資信託を購入した場合も同様で、売買した時に得た利益と、投資信託会社が運用で得た利益を保有者に分配する分配金には税金がかかります。

NISA口座で非課税になる対象のお金

NISA口座では株の運用で得た利益である売買益、配当金、分配金にかかる税金が免除となり、さらに販売手数料もかかりません。

ただし、非課税期間は購入してから5年で、5年を過ぎたときに一般口座に移してしまうと課税対象になってしまうので注意しましょう。また、受け取り方法では必ず「株式数比例配分方式」を選択し、NISA口座でやりとりするようにすることが必要です。他の受け取り方式にすると課税されてしまうので注意しましょう。

120万円の非課税枠を使う対象になるお金

NISAは年間120万まで非課税になる制度ですが、120万円がどのお金にあたるのかよく混同されがちです。「年間の購入金額が120万円以内であればその利益については非課税」という意味であることを改めて確認しておきましょう。売買益の合計金額や、値上がり時の金額などではないので混同しないように注意しましょう。

つみたてNISAの税金について

つみたてNISAの場合、NISAと比べて年間に投資できる金額、さらに購入できる商品にも違いがあります。非課税期間は20年と長くなりますが、年間の非課税枠は40万円と一般NISAの3分の1になります。また、国内株式や海外株式を購入することはできず、限られた投資信託のみに限られますので注意しましょう。免除になる税金は売買益と分配金で、NISAと同様です。

NISA口座は確定申告する必要があるか

NISAでは税金が発生しないため確定申告をする必要はありません。個人事業主、フリーランスの場合でもはNISA口座については確定申告をする必要がありませんので安心してくださいね。NISA口座で購入したものに対しては証券会社が自動的に処理をしてくれます。NISA口座と一般口座の両方で株式を保有している場合は、一般口座で保有している株式については確定申告が必要になるので注意しましょう。

この記事のまとめ

このように、NISA口座は年間の上限金額の範囲内であれば節税効果を得ながら効率よく資産を増やすことできます。少額投資から始めてみようと考えている方はまずNISAでお得に投資を始めることをおすすめします。

関連記事

NISA口座と特定口座の違いは?口座選択方法や移管時の注意点

NISAの評判が知りたい!デメリットはないの?

NISAで複数口座を持つことはできるか?

はじめる前に知っておきたい!NISAのリスクと対処法

つみたてNISAとは?口座開設・運用・メリット&デメリットまでまる…